妊娠・出産・育児の情報サイト


順調だった妊娠〜陣痛まで→緊急帝王切開に!

f:id:akasuguedi:20160601094618p:plain

妊娠後期、体重の増加以外悩みがなく、のんびりと産休に入り里帰りを楽しんでいました。

地元の友人とご飯を食べたり、子供の名前を考えたり、両親と外出を楽しんだりなどなど。。

 

そんなある日、妊娠36週と1日目で深夜2時頃「あれ。。。?」と下腹部に違和感。下着にじわーっと漏れるものが。

 

破水だ。。!と母を起こし出産予定の病院まで。

 

内診の結果、破水かどうかは明日にならないとわからない、とのことで出産が進む可能性を考えLDRで一泊。特になにも異常はなかったが、その時から前駆陣痛スタート。

 

36週と2日目。

ほんのり生理痛のような軽い陣痛が10分おきにくる程度で、なにも進む感じがなかったため、病院を一度退院し自宅待機。お医者さんからは破水ではない可能性大で、羊水に濁りもないので陣痛5分間隔になったら来てと言われる。

 

36週と3日目。前日の夜から前駆陣痛と思われる痛みがやや強くなる。

 

36週と4日目、痛みが強くなり陣痛間隔が5分程度に。妊婦健診の日だったため家族に抱えられて病院へ。痛みで歩けなくなるため車椅子で健診を受けに行く。内診の結果、子宮口は2cmも開いていないとのこと。お医者さんにはまだ生まれるまで時間がかかるので入院するかどうかはあなたで決めて、と言われ、前回の破水騒ぎもありなんとなく気まずかったため、一旦帰宅を選択。

病院から実家までがとても近かったためその選択をしました。

 

36週と5日目。めちゃくちゃ陣痛が痛くなり、睡眠もろくに取れなくなる。前日から夫が実家に来たため、夜な夜な痛みが来るとさすってくれていました。

 

36週と6日目。夕方。もう痛みと何日も戦っていて限界だったため、病院に電話。その後病院に。内診では2cmほどの子宮口の開き。ただ陣痛がしっかり来ているためこのまま入院ということに。

 

そして診察の後、前回破水騒ぎで使ったLDRのベッドに横たわり、モニターを着けて待機していると数分でまさかの破水

今回の破水は驚くくらいしっかりと破水してました笑笑。

 

破水が起きたら子宮口が一気に開くかもと言われ、期待しながら4時間、出産を促進する!?椅子に揺られたり、夫にさすられたりで痛みに耐える時間が続きました。

一方で胎児のモニターで測る心拍が、陣痛が来て痛みが起きるたびに「ポーン ポーン」とアラートが鳴り、胎児心拍がガクンと落ちることが判明。

どうやら私が痛みでグッと息を止めたり力を入れたりすると、赤ちゃんの心拍数がガクンと減るようでした。

そのため痛みが来るたびに看護師さんが来て、しっかりと私に呼吸をするよう手伝ってくれていました。

 

しかしそれも結構な体力消耗につながり、結構な期間の陣痛の寝不足も相まって、痛みが来た時にしっかり呼吸することが困難に。

 

それと同時に看護師さんが胎児心拍を測れなくなったと、必死でお腹のあちこちを触りまくる。

 

どこを探しても心拍が取れない、となり痛みで会話ができない私の代わりに夫が何かの書類にサイン。のちに聞くと緊急帝王切開の書類にサインをしていたようでした。

 

耳ではなんの話をしているかはっきり解っているが、内容が理解できないまま「このまま手術台に行きますね」と声をかけられる。

あまりに痛くて痛くていっそ帝王切開にしてくれ!と頭の中で思っていたら現実となったことに驚きながら、子供の心拍が取れないことを理解し、急に頭の中が混乱し、お医者さんの言うことにしたがいそのまま手術台に。

 

手術台に運ばれるまでの数分の間、お医者さんがお腹に機械を当て必死で「ない、ない。。ない!」と心拍を探し、手術部屋に着く寸前で発見。

あった!という声に良かった。。と安堵する余裕もないくらいの痛みの中、良かったー。と言えた記憶があります。

 

その後背中に半身麻酔を打たれ、しっかりと意識がある状態で手術台の天井を見上げてたら、さっきまで死ぬほど痛かった痛みが一つもなくなり、陣痛おわった!と喜んでいたらお腹をグッと押され(このタイミングで切られていた)その数秒後にオギャー!という鳴き声が笑笑。

あっという間に出産していました笑。

 

自分がまさか帝王切開で、しかも緊急帝王切開赤ちゃんを出産するとは思っておらず、術後は痛みや経膣で産めなかった自分に嫌悪していたこともあり、肉体的にも精神的にも辛かった記憶があります。予定帝王切開なら、手術に関する知識や心構えができていたかもしれませんが、まさか自分が陣痛破水も帝王切開も全部フルコースで経験するとは思ってもいませんでした。もちろん帝王切開の知識もありませんでした。

出産はなにが起こるかわからないというのはまさにこのことなんだなと身をもって実感し、いろんな可能性を想定しておくべきだったなぁと今になって思っています。

 

そんなハプニングだらけで生まれた赤ちゃんももう1歳3ヶ月。走り回りよく喋り、なんでも食べてよく寝てよく笑う元気な娘に育っています。

 

どんなに順調な妊娠生活を送っていても、どこでなにが起こるか本当にわからないのが出産です!皆さんもさまざまな可能性を想定しながらステキな妊娠&出産を迎えてください!

著者:ぺろきゃん

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。