妊娠・出産・育児の情報サイト


今まで順調だったのに…。35週で胎児の「水腎症」が発覚!

f:id:akasuguedi:20160601094618p:plain

35週の健診でお腹の中の子の腎臓と尿管が腫れている と言われました。

 

尿管のどこかが細くなって起こる「水腎症」という病気でした。

急遽、県内の大きな総合病院に行くことに。個人経営の産婦人科で出産予定で、今まで順調だと言われていたのでショックがとても大きかったです。

 

 

翌日、総合病院を受診。

若い先生に診ていただくも、お腹の子の位置が悪くてあまりエコーが見れず…。

水腎症」でも産まれてから自然に治る子と手術が必要な子がいると言われ、結局、別の専門の先生に診てもらうことになりました。

診察後、バタバタと助産師さんの話を聞き、入院の説明などをされましたが 頭の中は真っ白状態。

100%健康な状態で産んであげられないことが辛くてその日はひたすら自分を責めました。

後日、旦那さんと一緒に総合病院へ行きました。最初は片方の腎臓と聞いていましたが、左が軽度、右が中等度ということが分かりました。

お産は個人の産婦人科で良いこと、産まれた後に総合病院の小児科に受診することになりました。

産まれてみないと分からないことがある胎児の病気。 どうしても母親は自分を責めてしまうと思います。

 

 

でも、ここまで大きくなってくれたことに感謝!まずは産まれてきてくれることを待とうと思います!

ちなみに、個人病院は陣痛室も入院も完全個室。

総合病院は陣痛室も病室も相部屋ということもあり、すごく病院変更に不安を感じていたので、個人病院で出産ができるだけでもホッとしています。

 

著者:yuri

20代妊婦。 初産で不安がいっぱいの中胎児以上が見つかりました。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。