妊娠・出産・育児の情報サイト


「気持ち悪い」だけがつわりじゃない!「イライラもつわり」と教えてくれた助産師さんに救われました

f:id:akasuguedi:20160601094618p:plain

妊娠がわかってしばらくしてからの話しです。

 

ありがたい事に、結婚式を終えてすぐ子どもを授かりました。

嬉しい気持ちはもちろんありましたが、まだ作るつもりは正直なかったので、驚きや不安、どきどき、心構えなんて無く、大丈夫かな私?とそんなことがぐるぐると頭の中を巡っていました。

それに、仕事が好きで、運動も好き、お酒も好き。

「あーあ、何もできなくなっちゃった」

そんな風にも思ってしまい...

「なんて最低な母親なんだ!せっかく子どもを授かったのに...」と自己嫌悪。

そんな事がループする毎日でした。

 

きつかったのが、旦那さんの行動。

私と同じように仕事もばりばり。運動も大好き(同じスポーツの趣味)。

旦那さんには何の制限もない。

どれだけ運動してもいい。

食べる物も何食べても飲んでもいい。

私と一緒に我慢してもらうのは可哀想。

わかってるけど、旦那の自由な行動にイライラが止まらない。

職場でも、「無理しないでね、来ちゃダメだよ」と、怒られたりスタッフが気を遣ってくれたり。もちろんありがたい、けど凄く寂しくて、疎外感。

趣味のスポーツ仲間の所へ顔を出しても、何も出来ないし危ないからと追いやられている気がする。「はい、分かっています」心配してくれているのはわかってるけど凄く寂しい。

旦那はいいなー、私にはストレス発散する場所もない、お酒も飲めない。

他にも色んな事が重なって、イライラが止まらず、こんなんじゃ母になんてなれない!

どこかへ逃げてしまいたい。そんな風にも思ってしまい、「ダメな母親、、、」と急に泣けてきたり、急に怒ったり、とにかく情緒不安定でした。

やりたい事を自由にしてきた私には、戸惑いの方が多かった妊娠でした。

 

今思うと本当に笑い話ですが、あの時はどうしようもない自分が大嫌いでした。

産まれる直前に、助産師さんにこの話をしたら、それはつわりだねー、と言われて凄くほっとしたことを覚えています。

 

産まれてきた可愛い可愛い我が子と一緒にいると、どうして妊娠中にもっとこの子の為に何か出来なかったのだろうかと思います。

妊娠中が1番、自由じゃないか!と、今は思います。笑

服だって作れたはず!なんて、柄にもない事を今だから思います。

私は、想像以上に子どもが可愛くて、想像以上に育児が楽しいです。

もし、あの頃の自分に伝えられるなら、そのイライラを何か別の趣味に変えたり、早く専門の人に相談したりしてください!と伝えたいです。笑

著者:みかん

仕事、スポーツ、酒好きアラサーです。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。