妊娠・出産・育児の情報サイト


痛みの間隔が短かったり長かったり…前駆陣痛だと思っていたら子宮口8センチ!

f:id:akasuguedi:20160601094618p:plain

初産だし予定日過ぎるかなと思っていたら、予定日の2週間前から子宮口は2センチ開いていたので早く産まれる可能性も考えて過ごしていました。

 

前兆を念入りに調べて「もしかしてこれおしるし?」「もしかしてこれ前駆陣痛?」なんて言っていたものの、何もなく10日が経過。

4日前の健診での最初のNSTでは張りはなかったのですが、診察を待っている間何やら腹痛が…。今まで感じる痛みと違う気がすると診察で告げると、再度NSTで状態をみることに。

いざ始まってみると、あれれ?どんどん痛みがなくなってくる。当然強い張りもなかったため、二度もNSTを行ってもらった申し訳なさを感じながらとりあえず帰宅しました。

帰って鈍痛は続くものの、「陣痛の痛みはそんな痛みではない」という出産経験者の姉の言葉を聞き、我慢していました。22時頃痛みが強くなってきた気がしたので間隔を計ってみると、10分くらいだったりもっとかかったりと一定ではない気もしてきて、これが陣痛なのか判断がつかずにいました。

 

病院に電話して相談してみると、5分をきったら来るように言われたため、ひとまず布団に入りました。眠ろうとしても痛みは継続するため、アプリを使って間隔を計測し続けました。間隔が短くなってきたと思っても、その後短すぎたり長すぎたりで本当にこれが本陣痛なのか確信がもてずに2時頃まで耐えていました。

深夜ということもあり、朝のように空振りだと申し訳ないと我慢していましたが、一定ではない時があるにしても間隔が5分をきる時が多くなってきたため、さすがに病院へ行くことになりました。

いざついてみると、なんと子宮口は8センチ開いているとのこと!

「よく頑張りましたね、すぐ出産準備に入ります」と助産師さんに言われ、急いで旦那を呼びました。そこからは助産師さんの頼れるリードにより、病院について3時間で無事出産できました。

陣痛の痛みが恐怖過ぎて我慢出来なければ和痛分娩をお願いしていた私ですが、事前にどこかで耳にした「赤ちゃんの方が頑張って出てきてくれるから応援してあげなきゃ」ということを終始考えて、痛みが強い時程「赤ちゃんがんばれ」と思っていたことで、終わってみると「痛かったけどあっという間過ぎて思った程ではなかった」と思いました。陣痛が不安な方は、ぜひこの気持ちをもって出産に臨むと良いと思います。

著者:みみ

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。