妊娠・出産・育児の情報サイト


妊娠したら元気な赤ちゃんを出産するのが当たり前と思っていた…

f:id:akasuguedi:20160601094618p:plain

私には、もうすぐ2歳になる娘がいます。

今お腹にいる子は第2子になります。

最初の娘が生まれる約1年前に、私は死産の経験をしました。

 

 34週の健診の日には、身長体重は平均よりも小さいけど、元気に動き回っていて、心臓も動いていました。

ですが、35週6日…。

「今日は寝ている時間が多いのかなぁ?胎動感じない気がする…」と思いながら、もしもの時のために、旦那に付き添ってもらい病院へ行きました。

看護師さんにNSTをつけられましたが、心臓の音が聞こえない…

赤ちゃんの向きが原因で聞こえないことあるから、エコーするね〜」言われ、私たちには見えないようにエコーされるが、顔が曇っていました。

診察室に入ると、その日に勤務していた助産師看護師、みんなが勢ぞろい…。

先生にエコーされ、いつも気さくに話す先生がすごく悲しそうな顔をして、

「心臓が動いていませんね」と。

私は頭の中が真っ白になり、なにを言われているか分からない状況でした。

「お腹の中で亡くなっている赤ちゃんは異物に変わってしまうので、すぐに出してあげないといけません。」

医師からこんな説明を受けながら、けれど何を言われているか分からない状態がつづきました。

いろいろな方にゆっくり何度も説明してもらい、ようやく今の状態が分かったとき、涙がすごく出て来ました。もちろん旦那さんも…。

 

 

その後、亡くなった赤ちゃんを出産するために大きい病院へ向かい、検査されている間、旦那さんは待合室で1人に。

そこで両家や上司へ連絡している間、とても泣いていたと思います。

次の日にお産となるので、夜のうちにバルーンをいれて、個室で過ごしました。

次の日の朝から、点滴での誘導分娩。

死産でも陣痛をおこさせます。

分娩中、陣痛も痛いけれど、どんどん量が増して行く点滴。血管がすごく痛かった覚えがあります。

だけど、ずっと丸椅子に座って側にいてくれた旦那さんの方が辛かっただろうなぁ…。

 

19時ごろに産声の聞こえない我が子を産みました。

 

この子と一緒にいれる時間は、4日間。

「その日まで、やれることは全部やりたい!」と思い、産まれたその日に、旦那さんは沐浴。私はお化粧をさせてもらって、手形足形。写真もたくさん撮りました。

次の日から毎日のように友人たちが我が子に会いに来てくれて、たくさん抱っこしてもらったり、おもちゃもらったりで、穏やかな時間がすごしました。

毎日顔が変わって行く我が子を何枚も何枚も写真に収めてました。

 

火葬も無事に終わり、その後からがとても辛かった。辛すぎた。

病院では涙が出なかった分、家へ帰ると毎日のように泣いて、外にも出られなかった。

「どーして今?明日で臨月36週だったのに…」

「どーして私?どーしてこうなった?私が悪かったのかなぁ?」

と自分を責め続ける日々…。今でも責めてしまいます。

外出すると、不思議と赤ちゃんにばかり目が行き、見れば涙を流しながら帰った日々。SNSで子どもの写真などを見ては、耐えられない状態になりスマホを見なくなったこともありました。

「子どもを産みたいな」と思っても、「また同じことになるんじゃないかな…」という恐怖心との戦いでもありました。

 

 

おかげさまで今、第2子を授かり、無事に出産。病気1つせずに元気に育っています。

 

「妊娠出産は当たり前ではなく奇跡!」

奇跡が重なり合って、子育てができていることを忘れないで欲しいです。

 

著者:いくちゃん

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。