妊娠・出産・育児の情報サイト


子宮頚がん検診

f:id:akasuguedi:20160601094618p:plain

みんな一度は耳にしたことのある

子宮頚がん の名前。

会社の健康診断で検診をしたり、区や市から通知をもらい検診をしたりと皆さん一度は検診をしたことがあるかとは思いますが、まさか自分が検診にひっかかるとはなかなか想像したことないですよね。

 

わたしは、

妊娠後、子宮頚がん検診をし、再検査に。

再検査と言っても、次の妊婦健診のタイミングに再検査ということで一ヶ月後。

それはそれは不安でいっぱいです。

ネットで調べると尚さら胎児に影響は出てきてしまうのか、手術の必要性等々不安が募るものでした。

一か月後の再検査ではやはり陽性とのことで、次回はコルポ診と言われる細胞を少し切除し、顕微鏡のようなもので細かく調べる検査を次回することに。

検査自体はそんなにも時間がかからないが、切除した後出血があるためナプキンを持参する必要があるとのこと。

また人によっては、1週間くらい生理のように出血がある場合もあるとのこと。

 

妊娠中の出血というのはもちろん不安であり、なおかつ術後にタンポンを膣に入れて止血するというのもとても怖かったです。

 

その後のわたしの体調は特に崩れることもなく、3.4日で出血も止まり、

検査結果はそこまで問題はなかった為、出産後改めて検査をするという状況に落ち着きました。

 

今回学んだのは、

子宮頚がんの検査は必ず1年に1回はしっかり受けようと思ったこと。

それと、焦らないことです。

もちろん検査結果によっては不安も多いところですが、まずは焦らず受け止めること。病院の先生からもお話ししていただきましたが、胎児とお母さんの体をしっかり考えてどうすべきかを教えてくれます。

そして子宮頚がんは早期発見によっていくらでも治る病気です。

 

妊娠し、一人の体ではないと思うと不安がたくさん出てくるものですが、

頑張ってみんなで元気な赤ちゃんを産みましょうね。

 

みなさんがいつも健康で、

不安が少しでもなく快適に過ごせますように。

著者:にこにこ

現在妊娠28週 29歳の初妊婦です。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。