妊娠・出産・育児の情報サイト


「初産なのにおおげさね〜」陣痛中、助産師さんの言葉にイラッ

f:id:akasuguedi:20160601094618p:plain

陣痛が始まった日、昼前頃からじわりじわりと痛くなっていて、間隔を測って10分くらいになった夕方17時頃病院に電話しました。

 

「初産だからここからまだまだかかるし、ベッドが空いてないから19時半頃病院にきて」とのことで、なんとか陣痛の間にご飯食べたり、準備してたけど、どんどん間隔が短くなっていって、18時頃にはムラはあったけどほぼ5分間隔に!これは19時半までなんて待てない!と、病院に向かいました。

幸い、病院が車で10分ほどのところだったのと旦那が休みで家にいたからすぐに出られたのですが、向かってる間で2分間隔になり、必死で病院に向かいました。

 

病院に着いたら「初産なのにおおげさね〜」と言われながらも内診してもらったら子宮口は8cm。「初産なのにすごいわね〜」って言われて初産初産うるさいなぁ!ってイライラしてたのをよく覚えてます。笑

「この感じならあと2〜3時間で産まれるから、今日中に産まれるわね!」と、言われてから5時間。赤ちゃんが降りてこない、破水してない、と寝てる向きを変えていきみ逃しをしていました。旦那も筋肉痛になるくらいテニスボールを押し込んでくれました。笑

体力も削られていく中、もう促進剤打ちましょうという話になり、陣痛中に促進剤の説明を受けサインをし(分娩中の一番のイライラポイント)、私の場合打たれて本当に10秒程で、今までの痛みと比べ物にならないくらい痛くなり、「そんなすぐに効かないよ、おおげさね〜」と言われながら内診したら子宮口は全開!!分娩の準備をし、じゃあもういきんでいいよと言われ、陣痛のタイミングでいきんで、やっとの思いで頭が見えてきた!というところで、先生も助産師さん達もザワザワしていたらしい。

というのも私は早く解放されたくて必死すぎて全然周りの様子なんて見えてなかったのですが、この時旋回異常、つまりうつ伏せで産まれてくるはずが仰向けで出てくる状態で、これだと頭も出にくく気道などが潰されてしまうから通常は帝王切開になる状態だったそう。

 

幸い息子の頭が小さく、このままいける!という判断になりそのまま自然分娩で産めました。あと頭が1cm大きかったらあそこから帝王切開に移行してたかもと言われ、陣痛を耐え抜いてからの帝王切開にならず本当よかったと思います。

が、生まれた日が日付を10分超えていたため、深夜分娩と入院も一日延び、促進剤も追加で、金額的にはダメージくらいました。無事産まれてくれたので、もうそんなことどうでもいいですけどね!助産師さんの大げさ〜とか、初産なのに〜っていう言葉には未だに思い出してはイラッとします。笑

著者:やみー

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。