妊娠・出産・育児の情報サイト


子宮口が開かず緊急帝王切開に。経膣分娩も帝王切開も愛情の育み方は変わらない!

f:id:akasuguedi:20160601094618p:plain

臨月に入っても健診で子宮口も開いておらず、赤ちゃんの位置もまだまだ高いと言われていたので、予定日を過ぎてしまうかもと思いながら、散歩したりスクワットをしながらのんびり過ごしていたところ、妊娠38週3日で破水。

 

夜寝ている間にチョロチョロと何かが漏れ出るような違和感を感じていましたが、破水とは思わず、朝起きてもしかしてと思い、産院に連絡しその日に診察してもらうことに。

子宮口も開いておらず赤ちゃんも高い位置のままだが、その日に陣痛が来るかもとのことで自宅待機していました。

 

その晩から、陣痛が始まり、明け方には5分間隔になった為、再度産院に。

しかし、朝の6時過ぎくらいから徐々に陣痛が治まり、ほとんどなくなってしまいました。先生にも見てもらいましたが、まだ赤ちゃんが降りてきておらず、感染症の症状も出ていない為、また一旦様子を見ましょうとの事で再度自宅待機に。

雑巾掛けや階段昇降、スクワットなどしてみるも、陣痛らしきものが夜には来るが朝にはおさまる状態がその後2日続くも状況は変わらず。

破水から3日目に陣痛促進剤を投与して出産に臨む事になりました。

 

朝の9時から投与を始め、12時過ぎには陣痛がジワジワ始まり、そこから夕方ごろには3分間隔に。

子宮口は3センチほど開きましたが、赤ちゃんは降りて来ず、そのまま0時を迎えた時点で、促進剤を一旦辞めて夜は休むか、促進剤を増やして夜通し頑張るかと問われ、意識朦朧だった為、一旦休む事に。

それでも陣痛は5分間隔で訪れ、お尻に違和感を感じるような痛みで、結局、あまり眠れないまま朝を迎えました。

 

朝方、血液検査をしたところ、感染症になりかけているとの事で赤ちゃんの安全を優先して緊急帝王切開とお医者さんに説明され、手術室に入りました。

麻酔で全身が寒く震えながら、やっと産まれた我が子には感動とともに安堵したのを覚えています。

しかし、産後は自由にならない体で1週間ほど苦しみ、精神面ではあの時夜通し頑張っていたら経膣分娩で産めたのでは?と、自分の判断に後悔が残り、2週間ほどメソメソと泣いてばかりいました。

旦那に立ち会い出産させてあげたかった、カンガルーケアがしたかった、毎日何かにつけて理由を探しては泣いていたように思います。

でも、その思いを旦那に話したところ、陣痛時にずっと立ち会ってくれていた旦那から、大変な思いをして産んでるから充分だよ!頑張ってる姿に惚れ直した、と言ってもらえて徐々に気持ちも持ち直していきました。

また、産んでしばらく、自分の子だという実感もなんとなく無く、ほかのお母さんより劣っているような感覚に陥っていましたが、子供のいる友達に思い切って話を聞いたところ、やはり、みんな、産まれてすぐから可愛い!というより、育てていく過程で愛情が湧いてきたと言っていて、経膣分娩も帝王切開も愛情の育み方は変わらないと気づきました。

今は自分なりに、この子を愛情深く育てようと思っています。

2人目も考えていますが、どんな状況でも、無事に産まれてくれるのが一番!と今なら自信もって言えます。

著者:涼女

32歳で第一子の女の子を出産しました。

今は育児休暇で子育てに奮闘しています。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。