妊娠・出産・育児の情報サイト


念願の悪阻!のはずが…

f:id:akasuguedi:20160601094618p:plain

妊活時期が1年ほどあり、自分はなかなか妊娠できず周りの妊娠報告がとても羨ましく感じていました。

悪阻で辛い話を聞いても、悪阻で苦しんでいる妊婦さんでさえ羨ましく感じました。

 

いざ妊娠が分かり、私も悪阻が体験できる!と内心ドキドキしながら楽しみにしていた自分がいました。

心拍確認ができて、6w後半から味覚がかわってきました。あととにかく眠たかったです。

はじめはこんなものかーと思っていましたが、日に日に気持ち悪い日が続くようになり、嘔吐するようになったのは8w。

大好きなご飯や煮物など、とにかく食べることが嫌になり、ポン柑やいよかんなど果物ばかり食べて凌いでいました。

次にやってきたのは炭酸水ブーム。飴でさえサイダー味を好むようになりました。そのため、嘔吐物はいつも泡(笑)

 

9wには、臭いを嗅いだり想像するだけでも気持ち悪くなり、スーパーにいくことさえ苦痛になりました。

料理も臭いがきつく感じ、旦那にはお惣菜を買ってきてもらったり、外食をしてきてもらうように頼んでいました。

ましになってきたのは12wで、16wには嘔吐することもなくなりました。

 

あんなに憧れだった悪阻でしたが、正直この約2ヶ月は、今までの人生の中で一番しんどかったです。

でも安定期に入ると食事が普通にできる有り難さを感じられました。

乗り越えた今思うのは、悪阻も悪いものではなかったのかなと。。

 

出産まであと4ヶ月ちょっとマタニティライフを楽しみたいと思っています。

著者:ゆうちゃん

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。