妊娠・出産・育児の情報サイト


超スピード出産でした

f:id:akasuguedi:20160601094618p:plain

初産であるにも関わらず、超スピード出産でした。

妊娠中は立ち仕事をしていたことと、周りに切迫早産になる方が多かったので大変心配していたのですが、妊娠中の経過は順調で無事に産休突入。のんびり生活したかったのですが、産婦人科の先生から「まきさんは人よりも産道が長いから中々赤ちゃんが降りてこなくて難産になる可能性あるね。だから沢山歩くように」と言われました^^;

だからあんなに立ち仕事してたのに何も無かったのか、、と納得しつつ、難産になるのは嫌!とそこから出産までの一ヶ月強、毎日1時間〜調子が良ければ2時間のウォーキングを自分に課し、過ごしていました(ちなみに出産時期は年末、寒かったのに頑張りました、、)。

 

しかし予定日に近づいても中々赤ちゃんが降りてくる気配がなく、子宮口はかたいまま。ジンクスと言われるオロナミンCも焼き肉も食べた次の日の午前中(予定日前日でした)、生理痛のような痛みが襲いました。しかし我慢できる程度でしたしこれは陣痛ではないだろう、と通常通りウォーキング。

痛みは続いていたものの規則的ではなさそう?食事も3回食べ、お風呂にも入って寝ようとしたものの、痛みが強くなってきてお腹が痛くて眠れません。

陣痛タイマーでは5分間隔?からいつの間にか3分間隔に移行しており、余りの痛さに我慢出来ず主人を起こして夜中0時にタクシーを呼び1時に病院到着。

入院手続きを済まし助産師さんに診てもらったところ、「子宮口7センチ開いてます(笑)」「あと40分もしたら産まれますよ」とのこと。無痛分娩を希望していたため背中に麻酔を入れてもらい、数回いきんだ所で「オギャー」と産まれて来てくれました。余りにすぐに産まれてきてくれたため、正直主人も私も心の準備は出来ていませんでしたが、やはり出産の瞬間は感動しました。

著者:まきちゃん

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。