妊娠・出産・育児の情報サイト


胞状奇胎で流産!その後の処置や検査で産婦人科に通うのが辛かった…

f:id:akasuguedi:20160601094618p:plain

胞状奇胎だった2回目の妊娠について書きます。

 

妊娠検査薬で妊娠が分かり、産婦人科に行きました。

第1子の時はその場で心音が聞けて予定日も教えてもらったのですが、第2子は「赤ちゃんの袋はあるから2週間後に、また来てね」と言われました。

産婦人科へ行ったのが早かったんだな」と思い、特に違和感を感じませんでしたが、2週間後に産婦人科に行っても「また来てね」と。

その際、心音は聞けたので私は安心していましたが、先生はすでにおかしいと思っていたのかもしれません。

そして3度目の受診。

産婦人科を訪れた時に流産を告げられました。

その場で手術するのか、自然に出てくるのを待つのか、決めるよう言われましたが、その場で1人で決めることができず、「帰って電話します」と言いました。

 

夫と長男に会うまで泣かないようにしていたのですが、2人と会った時に涙が出てきました。

 

その後手術をすることに決め、1週間後に手術をしました。

全身麻酔でしたが、日帰り入院。「二度としたくない」とは思いましたが、出産に比べれば、点滴の針がなかなか刺さらないのが痛かったくらいで、痛みという点ではそれほどではありませんでした。

 

そして、手術後に「胞状奇胎かもしれない」と先生に言われました。

 

 

全身麻酔から目覚めて時間もそれ程経っておらず、ぼんやりしてましたが、その初めて聞く言葉に動揺したのを覚えています。

検査の結果、部分胞状奇胎であることが確定し、流産の手術と同じ手術を再びすることになりました。幸い侵入奇胎を発生することもなく、抗がん剤治療をすることもありませんでしたが、手術後、半年経過観察の期間がありました。

hcg値が順調に下がるかどうか、妊婦さんでいっぱいの産婦人科に半年間通うのは本当に辛かったです。

流産してなければ、私もあの妊婦さんたちみたいにお腹が大きくなっていたんだろうな…」って何度も思いました。

さらに、その間妊娠してはいけないので、「2人目は?」と聞かれたりすると焦ったり、長男と年齢差が開くことへの不安など、複雑な思いでいっぱいでした。

 

 

第2子を流産して約半年後、無事に血液のhcg値も下降。

妊活もうまくいき、現在、第3子を妊娠中です。

 

今回の流産で、妊娠も出産も「奇跡」なんだということを実感しました。

今はただ無事にお腹の赤ちゃんと会えることを心から祈ってます。

 

著者:かぼすちゃん

長男3歳、現在次男を妊娠中です。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。