妊娠・出産・育児の情報サイト


スソから出てきたのは…

f:id:akasuguedi:20160601094618p:plain

出産前、姉達の出産経験談を聞いている時に姉が気になる事を言った。

「産後ろくに休まずに動き回ってたらスソから子宮が出てきたんだよね」と…

とても恐ろしい事を聞いてしまったと後悔した。

ちなみに出てきたのモノは指で中に押し入れたらしい。

そんな話も頭の片隅にはあれどほとんど忘れていた頃に私は出産をして赤ちゃんと入院。

赤ちゃんと一緒に横になっている時にそろそろおむつを変えようかと起き上がった瞬間だった。

腹筋に力をいれた時、スソから何かが出てくる感覚が。

血のような液体ではない。

明らかに物質。

その感覚を捉えた時に瞬時に思い出される姉の経験談。

サーッと顔から血の気が引く感じがした。

何が起きているのか下着の中を見たくても怖くて見れない。

プロに見てもらわなければ!!

そう思いナースコールで看護師さんを呼ぼうにも相部屋だったので周りのママ達に「なんか子宮が出てきた気がする…」なんて聞かれたくなかった。

なので超内股の超小股でちょこちょこと詰所まで歩いていくことにした。

つくまでの間、子宮が床に落ちてしまうんじゃないかとハラハラした。

超小股歩きなのでそれにシンクロして私の腕の中で小刻みに揺れる赤ちゃんを見ても、もうかまってられないくらい余裕がなくなっていた。

ようやく詰所について小声で看護師さんに言うと、「内診させてもらうから部屋のベッドに戻って横になっててね」

今来た道をもどるの!?

子宮が宙ぶらりんなのに!?

愕然としたが確かに詰所で股を開くことは出来ないよなと思い、また超小股で戻った。

戻るとすぐに看護師さんが来てくれて下着の中を見てもらった。

見るや否や看護師が「…あ」と言ってソレを私のスソから完全に取り出した。

ええー!!取っちゃうの!?と声に出さないようにするも愕然とする私。

看護師さんは「これ…」と言って呆然とする私に見せたのは、真っ赤な血に染まった脱脂綿。

脱脂綿なんだがテンパっていた私は一瞬血みどろの子宮に見え、ひっ!!となった。

看護師さんは「止血するための脱脂綿が中に入ったままになってたみたい。ごめんね。」と軽く言って下着を履かせて病室から出て行った。

取り残された私は拍子抜けと安堵でしばらくボーっとしていた。

姉からあんな話を聞かされてなければ子宮だなんて思わなかっただろうし、あんなに慌てずに済んだんだろうな…と思うと、余計な情報を得るのも考えものだと思った。

少ししてから詰所の前を通ったら、私のスソから出てきた真っ赤な脱脂綿は銀色のトレーに入れられた状態で机の上に置かれ、7人程の看護師さんに囲まれて見下ろされていた。

自分のお股から出てきた物体を何人もの人達の目にさらされて光景を目の当たりにした時がすごく恥ずかしかった。

著者:まい

26歳初産、33歳の今年秋に二度目の出産を予定しています。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。