妊娠・出産・育児の情報サイト


子宮頸管無力症、切迫流産早産

f:id:akasuguedi:20160601094618p:plain

現在第二子を妊娠中です。

一人目妊娠時は、病院で妊娠が確定してからわずか1週間後の妊娠6wから不正出血があり、切迫流産の診断で自宅安静になりました。

その後やっと安定期!と安心したのもつかの間、16wの妊婦健診で子宮頸管長が28mmになり、子宮頸管無力症の診断で入院。シロッカー手術を受けるも、子宮の炎症やお腹の張りが治らず、そのまま臨月までほぼ寝たきりの長期入院となりました。

 

途中一時帰宅などはあったものの、自宅安静と入院を併せると、なんと8ヶ月間に及ぶ寝たきり生活でした(汗

 

そんな妊娠生活を経験していたので二人目を作るタイミングは迷いましたが、子供には絶対に兄弟を作ってあげたかったことと、私や主人の年齢のことも考えて「どうせいつ妊娠しても大変なら早い方がいい」と思い、上の子が1歳を過ぎそろそろ断乳してもいいかなという頃に二人目の妊活に踏み切りました。

 

幸い二人目はすぐにお腹に来てくれ、やんちゃな1歳児のお世話と切迫妊婦のハードな生活がスタート(笑

前回の事があったので初期から張り止めを内服しつつの妊娠生活ですが、14wに同じくシロッカー手術のために5日間入院しただけで、その後はパパの協力もあり出来るだけ安静に過ごさせてもらって、なんとか入院せずにこれています。

今回もおそらく長期入院は避けられないだろうと、妊娠初期から主治医にも助産師にも口を酸っぱく言われていたのに、なんとまもなく35wに入ります!

このままいけば臨月まで何とか頑張れそうです!

 

ここまできて結果論で言えることですが、二人目の妊活に踏み切って本当に良かったなーと思います!

私の場合はイレギュラーな例かもしれませんが、一人目切迫でも二人目大丈夫なパターン(切迫は切迫ですが長期入院せずに済んだ)もあるよ、ということを知ってもらいたいです。

 

一人目の時もトラブル続きで常に不安ばかりのつらい妊娠生活でしたが、それでも我が子が元気に生まれてきてくれたらそんなの全部吹っ飛んじゃいました!

長期入院して張り止め点滴や先生方に守られていたおかげで、今上の子が元気に走り回れているのかもしれないと思うと、本当に感謝しかありません。

 

切迫流・早産で辛い思いをしている妊婦さん!

今は苦しくても、妊娠には必ずゴールがあります!

(そのゴールの先にはもっと大変な育児のスタートが待っていますが笑)

心配しても何も変わらないので、どうか気を楽に、お腹の赤ちゃんと一心同体で過ごせる今の期間を是非楽しんでほしいです!

 

私も残り少ない妊娠期間、無理せず楽しんで過ごします!

一緒に頑張りましょうね〜!!

著者:みり子

アラサー子宮頸管無力症の妊婦。

上の子はもうすぐ2歳のやんちゃ男子。

二人目も男の子の予定♡

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。