妊娠・出産・育児の情報サイト


そこにいたのは涙の跡をつけて眠る娘…こちらの都合でごめんね by グラハム子

こんにちは!グラハム子です。
私は現在主に家で漫画やイラストを描く仕事、いわゆる在宅ワークをしています。

子どもが体調不良で幼稚園を休んだ日も、締め切りはやってきます。 

 

f:id:xybaby_ope_02:20191129174633j:plain

f:id:xybaby_ope_02:20191129174645j:plain

f:id:xybaby_ope_02:20191129174701j:plain

f:id:xybaby_ope_02:20191129174717j:plain
そこには涙の跡がついたまま眠ってしまった娘がいました。

その姿を見たら、胸が苦しくなりました。
娘はまだ年少さんです。
仕事の事情なんて、わかるはずありません。

甘えてきたのは、具合が悪かったのと、眠たかったのもあるのでしょう。
そんな娘の可愛い甘えを払い退けて、私は仕事を優先した。
きっと娘は悲しい思いをしたまま眠りについたのでしょう。

申し訳ない思いでいっぱいになりました。

でもだからといって仕事にも締め切りはあるし、責任もある。難しいです。


もしかしたら昨夜子ども達が寝た後に私が起きて頑張れば、娘にこんな思いをさせなくて済んだかもしれない…
もしくは娘が眠いのを察して、先に抱っこして寝かせてあげて、そのあと作業再開すれば良かった…

後悔ばかりが頭をよぎりました。

f:id:xybaby_ope_02:20191129175002j:plain

その後娘はまだ具合が悪く、この日は一日中寝たり起きたりでした。
反省した私は、娘が起きている間は仕事や家事の手を止め、ずっと娘を抱っこして過ごしました。すると娘も安心したのか、泣くことなくスッと眠りにつきました。

後日元気になってからも、子ども達に何か求められた時は
今やっている事を中断し、子どもを優先するようになりました。
子どもの「今、話を聞いて欲しい」「今、母にそばにいて欲しい」を大切にするようにしています。
すると私も子どもも、笑顔でいる時間が増えたように思いました。

すぐに大きくなってしまう子ども達。
後悔のないよう、毎日を丁寧に生きていきたいです。

 

 

 

 

 

f:id:akasuguedi:20161129082147j:plain

著者:グラハム子
年齢:30代
子どもの年齢:5歳と4歳

いたずらっ子で元気いっぱいな兄妹に振り回されているお母さん。堅あげポテトと甘いコーヒーが好き。 家族が寝たあと夜中にインスタグラム育児絵日記を描いています。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。