妊娠・出産・育児の情報サイト


はじめての出産!!

f:id:akasuguedi:20160601094618p:plain

2018年8月25日(土) 19:22

3428g、50cmの元気な男の子を出産しました!!

 

予定日は8月27日だったのですが、24日のAM4:00に水っぽいのが。破水!?と思ったものの尿漏れかもと確信が持てず、様子見のため二度寝しました。

AM7:00に起きて立ち上がろうとした瞬間にドバッと何かが流れ出る感覚があり、破水と確信しました!

病院に電話すると入院になるのですぐに来てくださいとのこと。里帰りしていたものの親はもう仕事に行っていたため、陣痛タクシーを呼んで病院に向かいました。

 

病院に着くと助産師さんにつけていたナプキンで破水の検査をしてもらい、間違いなく破水ということで入院し、ゆっくり陣痛を待つことになりました。

先生からは陣痛促進剤を使う方法も提案されましたが、私は赤ちゃんには自分のタイミングで出てきてほしかったので、丸一日は自然に陣痛がくるのを待つことにしました。

 

微弱な陣痛はくるものの波に乗らず、そのまま一日が過ぎました。翌日の朝から陣痛促進剤を点滴することになりました。

それでもお昼過ぎまではそこまで強い陣痛に繋がりません。お産が進まないので先生に完全破水を勧められ、破水させられた瞬間には経験したことのない痛みに襲われてパニックになりました。

 

そこからは急に我慢できないほどの陣痛が1分間隔できて、夫や助産師さんに腰をさすってもらったり励ましてもらいながら必死でいきみ逃しをしました。

毎回陣痛の波が来るたびに、この陣痛を越えたら、この陣痛を越えたらと思い、赤ちゃんに酸素を送るために必死に頑張りました。

 

そこからは長い長い闘いで、病院で出されたごはんは食べられずトイレにもいけず、気付けばPM7:00。子宮口7cmから進まずこれ以上進まなかったら緊急帝王切開とまで言われたさなか、子宮口がほぼ全開に…!

私と赤ちゃんの体力も考慮し、早めに分娩室に移動させてもらいました。

なかなか赤ちゃんが降りてこず、陣痛だけが永遠に続くようで我慢できずに叫びまくる私。先生に「いきんでいいよ」と言われてからはもうどうにでもなれ!!!!!という気持ちで全身の力をすべて込めていきみました。

最後は吸引分娩でしたが、無事に3428gの大きくて元気な男の子が誕生しました!!!

 

産まれてすぐ私の胸の上に赤ちゃんを置かれたときは本当に夢のようで、この子が本当に十月十日お腹の中にいたんだなあと思うととても不思議な感覚でした。

今まで味わったことのない感動を感じていると、すぐに元気な産声をあげてくれて、助産師さんにきれいにしてもらっているときにはじめてのおしっこまでしてくれました。

吸引分娩をしたことと無理にいきんだことで会陰切開どころか産道が大きく裂けてしまい大量出血し、高熱まで出てかなり大変な思いをしましたが、我が子に会えた喜びでそのあとの痛みなんて本当に感じませんでした。

 

出産は私の人生において一番頑張ったと思える経験であり、こんなに元気でかわいい子どもを産んだということは本当に誇りに思えることです。

初産でこれから出産を控え不安に思っている方もたくさんいると思いますが、かわいいかわいい我が子に会えると思うと必ず頑張れます。

私は現在7ヶ月の息子の成長を毎日そばで見守れるのが幸せでたまりません。

出産を乗り越えると楽しくて幸せな毎日が待っています。

頑張ってください。

著者:のかちゃん

28歳 7ヶ月の男の子のママです😄

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。