妊娠・出産・育児の情報サイト


前駆陣痛と本陣痛の違いは何!?

f:id:akasuguedi:20160601094618p:plain

出産予定日まであと12日となった日、夜中3時過ぎに尿意を感じ目が覚めました。一度トイレに行ったあとまたすぐ尿意を感じ眠れなくなり、生理痛のような痛みが同時に始まりました。

あ、これは前駆陣痛なのかも!と思い放置していたのですが、度々痛みが襲ってくるので陣痛カウンターで記録してみることに。

最初は6分間隔で、1回に痛む時間は30秒から1分程度。痛みは生理痛で痛み止め飲もうか飲まないか悩む程度の具合だったので、まだ前駆陣痛と信じて疑わなかったのです。念の為スマホで、本陣痛と前駆陣痛の違いを調べると、「座ると楽」になる状況が、前駆陣痛のキーワードでリンクしていたので、そのまま痛みが治まるのを待つことにしました。

 

そこから3時間過ぎた頃、夫を起こす時間がきたので相談すると「病院行こう!」と促されましたが、生理痛の痛みだから本陣痛じゃないとスルーしました。

(この時陣痛カウンターの間隔は3分くらい)

 

しかし夫の出勤前に病院に電話だけしておこうと考えを改め、病院に状況説明すると、今すぐ入院セット持ってきてほしいと言われ、準備に取り掛かりました。陣痛タクシー待機中に、トイレに行くと出血を確認しました。これは本陣痛なんだと初めて認識できました。

 

7時半くらいに病院到着すると、子宮口は既に5センチ開いており、午前中には産まれると言われすぐ陣痛室に入りました。10時くらいに分娩室に移動し、約1時間後の11時に出産。元々無痛分娩を希望していましたが、分娩室に入った時点で、麻酔が今から効くかわからないし、すぐ産まれそうだと助産婦さんに言われたので、そのまま産むことに。それが結果的に良かったと思います。

 

初産なのにとてつもなく短期決戦なお産となり、医療スタッフからは実は経産婦でしょ!?と笑われました。

助産婦さんの話によると、呼吸法が上手くて赤ちゃんがどんどん下に降りてきてくれたようです。どんなに痛くても目を開いてしっかり息をゆっくり吐くを実践!それと、痛いときは思いっきりデッカイ声で叫べば耐えられました。

助産婦さんいわく、私は痛みに強い方だそうです。二人目の時は無痛する必要ないからね!と念を押されました。

 

前駆陣痛だと思い込み病院に相談もせず夫も出勤し一人になっていたら、どうなっていたのかな?と思うと恐ろしいです。

痛みの程度で判断するのは危険なんだと悟りました。

著者:桃子と桃太郎

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。