妊娠・出産・育児の情報サイト


つわりの恐ろしさ

f:id:akasuguedi:20160601094618p:plain

2ヶ月の頃妊娠が判明し、すぐ様やってきたのはつわりです。私の場合は仕事をしていましたので、電車に乗るまでの道のり、電車の中、仕事中、全てにおいて二日酔いや船酔いのような時間が3、4ヶ月程続きました。毎日職場に着いては戻し、帰宅しては戻し、毎日吐き気との戦いでした。

 

帰宅してキッチンに立ち、ご飯をたく匂いに気分が悪くなるので料理は作らず、横になるだけの生活が何ヶ月も続きました。その際には夫にも手伝ってもらい、疲れているなか、ご飯を作って貰いました。とても助かりました。休日は毎日朝から晩まで横になり同じ体勢のまま24時間吐き気と戦いました。

吐き気が治ってきたのは、確か6、7ヶ月の頃だと思います。辛かったです。

 

妊娠5ヶ月の時、私は電車の中で貧血と酸欠を伴い気を失いました。後ろにいた女性が支えて下さり、無事に電車を降りる事が出来ました。その方がいなければ、今頃可愛い息子にも会えていなかったかもしれません。感謝しても感謝してもしきれないほどです。電車通勤の妊婦さんはとても辛い思いをしていると思います。

 

特に初期の方はお腹が出ていないので、妊婦さんだとは気づかれません。そのせいで、全く助けて貰えないこともあると思います。辛いことも沢山あると思います。私も経験してきたので、みんなが産まれて来る子の為に優しく接して欲しいと、何度も思いました。

今も変わらず願っております。

著者:ゆきん

26歳1児の母です。

専業主婦で運動不足気味ですが、毎日の息子との追いかけっこや、自転車でお出かけしたり、息子のお陰で少し運動不足が解消されている気がしております。

現在26歳ですが、昔から体力は人一倍無かったです。

かわいい息子とお喋りするのが大好きです♡

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。