妊娠・出産・育児の情報サイト


胃腸炎が治ったと思ったら小食&偏食に!? 朝ごはんストレスの乗り切り方 by hibik

f:id:akasuguedi:20191125150011j:plain

風邪など病気になっても食欲が落ちない子もいるみたいですが、ひーくんは絶食タイプでした。

食べ物を消化するのにすごいエネルギーを使うらしいので、体力回復のために自然な流れだと思い完治するまでは仕方ないと思っていたのですが・・・

f:id:akasuguedi:20191125150101j:plain

f:id:akasuguedi:20191125150210j:plain

 

順調だった食事もほとんど食べなくなってしまいました。

ほっそり痩せてしまったので親としては特に食べて欲しいのですが、胃も小さくなっているからなのか、やっと食べたとしてもほんの少し・・・

f:id:akasuguedi:20191125150305j:plain

朝から栄養を摂ってほしいとわたしとすっかり食に対する欲が薄まってしまったひーくんで朝はストレスが溜まる時間になってしまいました。

f:id:akasuguedi:20191125150356j:plain

どうしたらいいか悩んで、料理が上手な会社の先輩ママに朝ごはんについて相談してみました。

「朝ごはんは子どもがご機嫌で食べられるものでOK!」

というアドバイスをもらって、肩の荷が落ちました。

朝から栄養バランスを考えた食事を頑張らないといけない!と勝手に思い込んでいた自分に気が付きました。

f:id:akasuguedi:20191125150433j:plain

ひーくんが食べられそうなものから少しずつ食べられる量が増えるよう親子でストレスの溜まらない朝ごはんを意識するようになりました。

結果、朝ごはんも早く食べ終わってくれるので朝支度もスムーズになり

「朝ごはんはパパッと食べられるものでOK!」

という切り替えが自分の中でできました。

f:id:akasuguedi:20191125150517j:plain

本当はサラダとか朝から食べてくれるといいのですが・・・

割り切って5歳になる今も本人がパパッと食べられるものをその時のブームに合わせて入れ替えたりして朝ごはんは定番化させています。

栄養を意識した朝ごはんを結局食べないでお腹を空かせて登園するよりかは本人がご機嫌で食べられるものを食べて親子でご機嫌ならOKだと思いました!

 

相変わらず小食&偏食ボーイのひーくんですが、最近は少しずつですが給食を完食できる日が増えたり食べたくないものも少しずつ頑張って食べられるようになってきました。

朝からごはんおかわりするくらいになるその日までひーくんのペースに合わせていこうと思いました。

f:id:akasuguedi:20190228122312j:plain
著者:hibik
年齢:33歳
子どもの年齢:5歳と2歳

慎重派の長男ひーくん(2013.12生まれ)とちゃっかり者の長女すーちゃん(2016.4)を育てるワーママ。仕事のリフレッシュも兼ねてInstagram育児日記を公開しています。

インスタグラム:@hibik0511

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。