妊娠・出産・育児の情報サイト


1人目の時は病み気味。2人目は余裕

f:id:akasuguedi:20160601094618p:plain

1人目を出産した後1ヶ月程、赤ちゃんのお世話で病みました。産後が大変だとは知らず、抱っこはうまく出来ず腕が痛くなるし、授乳もヘタで乳首は切れて痛くて授乳の時間が恐ろしくなり、たくさん出てない母乳作るために搾乳したり。

なぜか自宅に戻ってから、赤ちゃんが泣いてもいないのに入院中と同じ授乳時間で授乳とオムツ替えをしていたのです。

 

そんな決まった時間に寝てる赤ちゃんがおっぱい飲むわけもなく、体が痛くなる変な体勢でもムリやりおっぱいをくわえさせて、結局起きずにミルクをあげる。赤ちゃんが寝てる間もそん風に起きていたので、いつ寝ていたのか?育児ノートもびっしりの文字。産後のお世話全然分かりませんでした。

 

高齢出産だったので周りの友達はもう子供が大きくなっていました。身近で相談できる人がいなかったので、病みつつなんとか過ぎました。

 

そして2人目。

別に母乳じゃなくてもミルクでいいや!と思っていたし、今回は要領が分かっているので気持ちに余裕があり、赤ちゃんが泣いたらおっぱいをあげる。全然一生懸命なことなどしなかったのにおっぱいトラブルもなく、完母で1日約35gの成長でした。

育児ノートもつけずノートにおっぱいの時間ササッとメモしてるくらい。

こんなにも違う〜?

前回の育児ノートをみて あの時の自分が可哀想になってしまいます。

そんなにやらなくていいんだよ。もっと休んで!と言ってあげたいです。

 

初めての事だから誰でもそうなると思うけど、マジメになりすぎて心配でネットみてもっと不安になってしまったり、その時は他に方法がなかったなぁーと思います。

 

もし毎日大変な思いしてる人がいたら、赤ちゃんもだけど、ママの体を休めてと伝えたいです。

自分が疲れてたらおっぱいも出ないし、お世話が楽しくない。赤ちゃんが寝てたら一緒に寝る。好きなもの食べる。

少し余裕があると赤ちゃんの抱っこも辛くない!

著者:とらみ

超高齢出産、40代で2時の母です。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。