妊娠・出産・育児の情報サイト


命がけで出産に挑む妻に何もしてあげられなかった…。次こそは!と第二子妊娠時に決意したこと by しろやぎ秋吾

f:id:xybaby_ope_01:20191122110325j:plain

f:id:xybaby_ope_01:20191122110338j:plain

f:id:xybaby_ope_01:20191122110456j:plain

f:id:xybaby_ope_01:20191122110420j:plain

f:id:xybaby_ope_01:20191122110431j:plain

f:id:xybaby_ope_01:20191122110446j:plain

ハルは普通分娩でした。

陣痛に苦しむママ、ベッドの柵に必死にしがみついていて、腕はあざだらけになっています。
グーでお尻を押さえてと言われても、どうしたらいいか分からず、横でおどおどしていただけでした。

 

分娩室に移動する時、多分もっと大きい声出るから外にいてもらっていい?恥ずかしいから。と奥さんが言ってくれたことに、内心ホッとして大人しく従ったのを覚えています。

外で一人で座っていると、色んな不安や後悔が頭をよぎりましたが、そんなどうでもいい心配はお構いなしに、ママとハルは命がけで出産に挑んでいたのでした。

 

ハルが1歳になった頃、出産当時を振り返って、あの痛みにもう一度耐えるのは無理だと言うママ。
2人目は欲しいけど…

そんな時、地域で唯一無痛分娩ができる個人病院が、受入数を増やしたとの情報を仕入れました。

そして2人目の妊娠。
今度こそ、この病院に予約を入れてみせる…!

 

f:id:xybaby_ope_01:20190925103137j:plain

著者:しろやぎ秋吾
年齢:30代
子どもの年齢:5歳と3歳

ちょっと弱気なハル(5歳長男)と天真爛漫なナツ(3歳長女)の父です。
親父目線子ども観察絵日記を描いています。

ブログ:しろやぎさんち
インスタグラム:@siroyagishugo

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。