妊娠・出産・育児の情報サイト


妊娠経過は人それぞれ。前情報に気負いすぎていた

f:id:akasuguedi:20160601094618p:plain

妊娠前から検索魔で、調べものをするのが好きだった私は、子どもがほしいと思いすぐに妊娠の超初期症状やつわりの症状、妊娠中の経過など、詳細に調べ尽くしました。

 

その結果「本当に産休まで仕事が出来るのだろうか」「妊娠してもつわりがなければいいな」と思っていました。

 

ところが、妊娠が判明したときには既に5週半ば。あまりにも体調に変化がなく、月のものが遅れているから念のため検査を…と検査してみたらくっきりと陽性反応が。2ヶ月前にピルの服用をやめたばかりだったので、余計に信じられませんでした。

 

そこからしばらく、「今日こそつわりが始まるのでは」「ご飯のにおいをかいでみても大丈夫だろうか」など、毎朝不安になっていたのですが、待てど暮らせどつわりらしき変化はありませんでした。あまりにも何もないので、健診の予定を数日早めて診てもらいましたが、特に異常はなし。

 

私の場合は結局、吐きつわり、においつわり、食べつわり、眠りつわり、よだれつわりなど、つわりというくくりでイメージされる症状は全てなかったのです。

その代わりに、脳貧血、疲れやすさ、以前より睡眠時間が短くなる、しっかり食べているのになぜかやせていくなどの、他の方があまり体験していないだろう症状がその後現れました(脳貧血以外はどれも軽いものでしたが)。

本当に妊娠経過は人それぞれですね。ちなみに、脳貧血と疲れやすさは以前から結構経験しているので、検査薬を試すのが遅れていたら、かなり後まで、妊娠ではなく病気だと思っていたかもしれません。

ちなみに、これらのマイナートラブルも安定期ごろにはかなり減り、経過も順調すぎるほど順調だったので、仕事はギリギリまで続けられました。その反面、いつまでも胎動が弱い、なかなかおなかが大きくならない、体重も増えないなど、中期以降もあまり妊婦らしくなかったため、楽な反面、不安な気持ちはずっと続きました。

 

今週から臨月に突入しましたが、未だにマイナートラブルは少なく、大変な思いをされている妊婦さんも多いなか、「お腹の中にいるときから楽な子でラッキー!」と思う気持ちと、「ずっと母体にあまり変化がないけど、本当に元気に生まれてくるんだろうか。まさか埋め合わせのようにひどい難産なんじゃ…」という気持ち、そして「もし次妊娠したらこんなに楽にはいかないだろうな…」という気持ちが入り交じった、不思議な気持ちでいます。

 

実際に自分が妊娠してみてわかったことは、体のことは本当に人それぞれだということです。妊娠して以降、「これからどんどんしんどくなるよ」と言われることが多かったのですが、結局これまでずっと、想定よりはかなり楽に過ごせました。勿論、それで特に問題もなかったので、あれこれ不安がらずにもっとおおらかに構えておけばよかったな、と今振り返って思います。

 

上にも書いた通り、体のことは人それぞれですので、つわりがなかった方の中にも、後期つわりやその他のマイナートラブルには苦しむ方もいらっしゃるでしょうが、あまり前もって調べすぎず、ひとまず今のことだけ考えてみてもよいかもしれませんね。

著者:みーは

ギリギリアラサーにして、大学院生と非正規勤務のはしごをしている最中、妊娠。5月5日予定日なので、どちらの元号になるか、ドキドキです。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。