妊娠・出産・育児の情報サイト


出産前後のいろいろ

f:id:akasuguedi:20160601094618p:plain

出産当日

9:00〜陣痛促進剤使用開始

自然陣痛が起きる回数は増えてはいたが、不規則・強弱がありの微弱陣痛は変わらずの為、本格的に促進剤使用。

その後高位破水(ちょっとじんわり温かくて薄い血の混じった水っぽいもの。自分では全然分からなかった。)が判明の為、ベッドの上から動けなくなる。腰痛の私にはもう地獄。シムス体位になると少しは楽な気がした。寝不足がものすごくて腰痛を感じながらもたまにうとうと。

※夜中に筋肉注射(痛い)をしてもらっていたので、1.5h位は眠れたけど、あとは部屋中うろうろしながらペットボトル2本を両手に持ち、腰をドンドン殴りつけながら腰痛に耐えた。(たまに旦那に腰をさすってもらったり、テニスボールで肛門を押してもらったりお尻のマッサージをしてもらうが、最初はハイパワーだったはずの旦那のパワーが弱くなる。。。数分おきの痛みに付き合ってもらうが、もっと強く!!!と言って指示。が既にパワーが弱く効かない。イライラ。痛みが終わる度にベッドに寝に行く旦那にかなりイライラ。こっちはずっと痛いんだよ💢そして効かんよ💢とイライラ。)

 

高位破水判明後からは早かった。助産師さんに「今日お産になるよ!誕生日一緒じゃん!最高のプレゼントじゃね!」と言われるも、眠さと疲れ?で割と意識朦朧。腰痛に耐えつつ、赤ちゃんが少しずつおりてきてていきみたくなる。(まだ子宮口6センチとか)嫌だったはずの内診をこちらからせがむ。「何センチですか?!」と「え〜!まだいきんじゃだめですか?!」の繰り返し。

8センチ位になった時かな?車椅子に乗せられ、LDRへ。割と意識朦朧。寒さと恐怖?で足がプルプル。震えが止まらないので少し冷静に深呼吸。そしてまた意識朦朧。

LDRに着いてもまだいきめないので、耐えるのみ。腰痛がものすごい。腰が痛いを連呼。助産師さんに促され、旦那に腰が痛い!やらなんか色々買ってね!やら感情をぶつける。

そのうちになりふり構ってられなくなる。旦那には腰の下に手を入れてもらい、助産師さんには肛門を押さえてもらう。助産師さんが記録を書く為少し離れると、その度に「やだー!離れないでくださいよぅ!!」と懇願。「ここ押さえといてほしいのにぃ!!」とか言ったり。そしてたまに意識朦朧で眠ったりもする。夢の中で、実際のその日の夕食のメニューの回鍋肉を食べる。

 

助産師さんの内診をせがみまくり、度々診てもらうもまだいきんじゃだめとのこと。ここが辛い。いきみたいです〜!!(泣)と言う度「ここが一番しんどいんよ」と言われ、何度もそう言われるので「それさっきも言った〜〜!!!(泣)」と敬語も遣わず子供みたいに言う。(泣)つけてるけど泣いてはない。内診の度、「なんとかしてください〜!指で拡げてください〜!」と懇願して困らせる。でも無理のないよう少しずつ拡げてくれる。あーこれがゴットハンドかぁとたまに冷静になる自分がいる。痛かったのかもだけど、既にそんなことはどうでもいい状態。とにかく痛くてもなんでもいいから、とにかくもう終わらせたいという感じ。痛みはほぼ感じない(意識朦朧のせい?たまに寝てしまう状態。冷静さと意識朦朧の間をさまよう感じ。)

 

ゴットハンドのおかげで全開した模様。助産師さんが先生に全開許可?かなにかを取りにいくみたいな話が聞こえてくる。

助産師さんが白いエプロンを付け始め、あ〜いよいよかぁと思う。

意識をハッキリさせて気合いを入れる。

しかし、ここにきても微弱陣痛のせいで、赤ちゃんがまだ下におりてきてない!!!え〜〜〜?!って叫ぶ。やっといきめるのにいきめない。お腹の張りもわからず周りを困らせる。一度セッティングした分娩の姿勢を崩し、足を高くして横向きになり、少しずついきみ(いきむタイミングは陣痛がくるタイミングの兆候であるお腹が張った時。私には腰痛のせいでこれが全くわからない。)赤ちゃんが自然におりてくるのを待とうということに。

意識朦朧に加えて気も遠くなる。この時、とりあえずパワー出ないしなんかゴハン食べてからまた続きをしたいとか考えたりもする。(口にはギリ出してないけどけっこう本気。口に出したら永遠に語り継がれそう。笑)お腹の張りがわからないので、とりあえず適当にいきむ。そして意識朦朧でたまに寝る。ハッ!と起きていきむ。の繰り返し。辛い。繰り返して繰り返して、ようやくなんか出そうな感じを覚える。助産師さんになんか出そうかもと訴え、改めて分娩の姿勢へ。ちょっと下がってきてるね!とのこと。力無く喜ぶ。

でもそこからも長かった。よく、う◯こを出す時のようにいきむとか聞くけど、姿勢もう◯この時とは違うし、上手くいかない。ここのイメージが上手くできてるか否かでスムーズかそうじゃないかが決まると思った。予め勉強した方がいいと思う。

助産師さんのサポートで何度も何度もいきむが、私のいきみが足りなかったこと、体力不足等かな?あとは赤ちゃんの頭も大きかったらしく吸引分娩となる。途中酸素ボンベを装着する。腹式呼吸を何度も促される。

院長先生にも手伝ってもらうことになったようで、最初は助産師さん達3人だったはずのLDRが、いつの間にか人数が増え院長先生、主治医、他の方達で総勢8、9人位になる。

いよいよ吸引分娩。1回の吸引で2回までいきめると説明され、その通りに行う。院長先生がハイパワーでお腹を押す。主治医が吸引する。他の方達はモニターを見たり圧力を見たり声かけでサポートしてくださる。私はただひたすらに必死でいきむ。一度、シュポっと吸引が抜ける。改めて3、4回位のタイミングかな?計10回前後いきんでようやく誕生。

あー人間が本当に出てきた!すごい!人間だ!という感想。その後元気に産声をあげてくれて、そこからは私は放心状態。よく聞くドゥルン!はよくわからなかった。どっちかって言うと、私の場合は引っこ抜かれた感じ。その表現が一番合ってる気がする。吸引の機械を入れる時会陰切開をされたみたい。通常の会陰切開よりもたくさん切開してるはずだけど、麻酔もチクッとしただけで、あんなに恐れていた会陰切開なんて気づかなかった。吸引機を入れるのも感じないしそんなの痛くも痒くもなかった。とりあえず、もう早く早く早く終わらせたい!ということしかなかった。

そんなこんなで、2/19 15:02我が子が誕生しました。28年前の2/19夕方月曜日(曜日も同じ)に私も誕生したわけで、第一子息子とは誕生日が同じという奇跡が起こりました🎂

2/8の予定日から11日超過し、不安な日々を過ごしましたが、なんとか無事に生まれてきてくれて、本当に良かったです。

 

その後、後処理を色々していただき18:00位まで?そのままLDRで休みました。

赤ちゃんは、生まれる時に羊水を飲んでしまったようで肺に水が入ってしまったよう。

その為保育器に入り入院扱いとなりましたが、1日でミルクも飲めるようになり、もう元気とのことです。本当は2/20から母子同室の予定ではありましたが、2/21からお部屋で一緒に過ごせそうです。私も1日ゆっくりできたということで、前向きに捉えています。

とにかく無事に生まれてきてくれて、良かったです。産後から、気がつけば何度も「あ〜良かった」を繰り返し言っています。生まれた瞬間は、もちろん感動もありましたが、正直、あーーー終わったー!!!という気持ちが大きかったです。とにかく無事に生まれてくれて良かったです。

ちなみに導尿はしたくなかったのですが、結局産前産後合わせて3回経験しました。チクッとした痛みだけで、まぁお産に比べればなんてことなかったです。浣腸はなんとなく嫌だったので、前日寝る前に出しておきました。お産が近い方は、毎日寝る前までには出しておくことをおすすめします。笑

助産師さんが途中なにか摘んでいた感じが見えたので、いきむ時に多分う◯こが出たんだろうと思います。笑

【今回のお産で学んだこと】

・分娩時のいきむ姿勢は事前勉強をしておいた方がいい!イメージしやすいと何もしてないよりもスムーズに進むはず!

・いきむ時、旦那から筋力不足に見えたとのことだったので、普段から体力、筋力づくりをした方が良いかな!

色々大変だと感じたこの度のお産。でも不思議と、吸引されながらも感じたこと。

それは、「あぁこの感じなら2人目もいけるな。2人目は自分の力でドゥルン!をしたいな。2人目はもっと上手く生もう!」という想いでした。

なので、とても毎日は経験したくないけど、いや、できれば経験したくないけど、陣痛から分娩を通して耐え難い痛みではあるけれど、耐えられない痛みではないはずです。いや、もしかしたらこれは吸引してもらっているから言えるのかもしれませんが。とにかくね、大丈夫です。私も産む前は不安で仕方なかったですが、始まってみればもう止めることはできないので、あとは流れに身を任せて、周りの方を信頼して、頼りまくればいいと思いました。長々と書きましたが、もしもここまで読んでいただけた方がいらっしゃったなら、ありがとうございます。読みにくい拙い文章ではありますが、なにかしらのお役に立てたら幸いです。

著者:まい

昨年2月に第一子、男の子を出産。

痛さに弱い系。笑

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。