妊娠・出産・育児の情報サイト


流産後、仮性動脈瘤に。大量出血後緊急入院…半年の経過観察を経て妊娠できました

f:id:akasuguedi:20160601094618p:plain

流産後の仮性動脈瘤の塞栓術、その後の妊娠について…。その時期検索魔だったので、同じような状況の方の参考になればと思い、記録に残します。

 

3人目を妊娠出来ましたが残念ながら心拍が消え入りそうで祈る毎日の中、9週目ぐらいに天国に召されてしまいました。

自然に出てくるのを待とうということで1ヶ月様子を見ましたが出てこなく、手術をすることに。…というのもhCG値が高く胞状奇胎の可能性があってそれを確定するために経過観察することになったのです。

どうやら双子の可能性もあったようで、判断できかねたようです。

 

結局待っても結果はわからず、私の体調が悪くなるのを見かねて手術が決まりました。

でも運悪く次男がインフルエンザにかかったため入院できず、簡単な座薬の麻酔のみになりました。

不快な痛みに苛立ち、この世に産まれてこられない赤ちゃんをこんな痛みで感じて、申し訳なさと悲しさで涙が出ました。

出切らなかったので子宮収縮剤を服用しました。

 

子宮の痛みで動けない日もあり、体調不良は続きました。

出血はずっと続いていて、手術から約2カ月後、大量出血をして緊急入院になりました。続く出血の原因は子宮動脈瘤だったようで、その塞栓術が入院の翌日に決まりました。

夫は夜間のある仕事で、ちょうど子供たちと昼間勤務後に迎えに行った帰りに出血したので全員目撃していました。でも、大丈夫!と言ってシャワーを浴び、夜勤で疲れている夫の横で子供たちを昼寝させてからかかりつけの病院に電話し受診をしました。

そうしたら帰ってはいけない、その場で入院、翌日には手術だと言われ大混乱。

夕方起きてきた夫と子供たちの焦りが目に浮かんできました。

 

翌日の子宮動脈瘤塞栓術には約4時間かかりました。

造影剤を使って血管の位置を把握しながらカテーテルを用いて動脈瘤付近の動脈をコイルで塞ぎ、出血を抑える方法です。

そのうち3時間は子宮収縮の痛みと闘いながら。

産まれてこない赤ちゃん。

もうとっくにお腹の中にはいなくなった赤ちゃん。

でも陣痛と同じ痛みと闘う。

こんな苦しみはありません。

術後は体位変換してはいけないので6時間仰向けで子宮収縮の痛みに耐えながら過ごしました。

痛みが出やすいし薬も効きにくい体質のようで、鎮痛剤の点滴が全然効かず地獄でした。

6時間後も痛みと嘔気で寝たきりでどうなるかと思いました。

思いのほか手術に時間がかかったため夫にしか会えず、子供たちに丸一日会えないのがすごく辛かったです。

でも術後は人生でナンバーワンの不調だったのでその姿を見せなくてよかったのかもしれない…。

長男が貸してくれたぬいぐるみが長男の匂いがして抱きしめながら過ごしました。

 

5日間の入院を経て退院。

わたしの体には2つのコイルが入りました。

そのおかげで動脈瘤はなくなり出血も時間の経過とともに治りました。

胞状奇胎の可能性は否定できないのでガイドラインに沿って半年はhCG値を経過観察しましたが、みるみる下がって胞状奇胎ではなかったという結果になりました。

やはり双子だったようです。

ますます残念な気持ちにはなりましたが、天国に2人で行けて寂しくなかったかなと少し救われた気持ちにもなりました。

次男には夜、真っ暗になるとキラキラが見えるそうです。

きっと2人が会いに来てくれてるんだと思います。

長男も次男もすごく楽しみにしていました。

一生わたしの体に残るコイルは2人が私たち家族のもとへ来てくれた証。

変かもしれないけど、ちょっと嬉しい気もします。

妊娠はしにくくなるし、もし妊娠できたとしても出産はハイリスク。

正直怖いです。

でも新しい家族を迎えたい気持ちは変わらず、妊活を再開していいと言われた約半年後にまた新しい命が宿ってくれました。

ちょうど2人が天国に召されたときと同じ時期で、運命を感じずにはいられませんでした。

今の経過はまずまずといったところ。

子宮内に血が溜まっているのが心配ですが、吸収されるのを待つのみです。

今までなんのトラブルもなく妊娠、出産できていたので、まさか自分がこのような経験をするとは思ってもいませんでした。

そして今までがどれだけ恵まれていたかを思い知りました。

出産時のリスクを考えると不安でいっぱいですが、5人家族になる日を楽しみに今は過ごしています。

この妊娠、流産、入院は

家族や周りの人の存在の有り難さを改めて感じ感謝する機会になりました。

当たり前を当たり前にせず、1日1日を大切に。

自分を想ってくれる人を大切に。毎日を大事に過ごしていこうと思います。

著者:misa

小1、年長の息子2人の母です。3人目を残念ながら流産してしまいましたがまた命が宿ってくれ、今妊娠中です。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。