妊娠・出産・育児の情報サイト


重症妊娠悪阻

f:id:akasuguedi:20160601094618p:plain

悪阻ってテレビで見たような、オエッてくるものだと何となく思っていたけれど、私の悪阻の始まりは、二日酔いのような酷い目眩でした。目をつぶっていても天井がぐるぐる回っている感じが四六時中あり、これは普通じゃないと思い、妊娠に気づきました。

日に日に悪化し、ベッドから起き上がれないほど、目眩とふらつきがあり、やむなく仕事を休職することにしました。

さらに目眩と吐き気でご飯が食べれなくなり、水分もとるのが難しくなり、悪阻4日目に病院で点滴加療。吐き気どめの点滴が効き、少し楽になりましたが、1週間経たないうちにまた、何も食べれなくなり、飲めなくなり、病院にて点滴加療。

数日後に再び食べれなくなり、入院。点滴で一時的に良くなりましたが、また入院。経口の吐き気どめに切り替えて、2ヶ月後に何とか仕事復帰しましたが、安定期入っても、一向に良くならず、妊娠7ヶ月までずっと薬を服用していました。

その後は、子宮に圧迫されることで起こる胸焼けに移行し、妊娠10ヶ月の途中までずっと胃の不調に苛まれていました。体重は非妊娠時から8kg減り、その後、11kg増え、産後は非妊娠時と変わらない体重です。

著者:ちぇりちぇり

1児のママ。0ヶ月の息子と育児奮闘中。妊娠・出産は、個人差があり、辛い経験をする人もいます。そ 同じ経験をした人の役に立てれば嬉しいです。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。