妊娠・出産・育児の情報サイト


安産だったのに恥骨が痛くて歩けない…骨盤を締める大切さを痛感!

f:id:akasuguedi:20160601094618p:plain

2人目の出産でした。

 

安産で夕方に出産。

なのに次の日、立ち上がったり、ベッドから起き上がる時に恥骨に痛みが!

妊娠後期にも痛みなんてなかったのに、初めての痛みでした。

時間が経つにつれて増す痛み…。

歩くことも出来なくなり、移動も車椅子が必要でした。

先生に診てもらったら恥骨が指3本分くらい開いてると言われ、「こんなに開いてる人は初めてです(笑)」とのこと。

 

 

出産したら、普通の人は自然と閉じるらしいのですが、私の場合は、なかなか閉じなくて開きっぱなし。

退院しても、普通の生活できないので入院を延長し、毎日ひたすら骨盤ベルトを締め、ベッドに寝たきり生活。

結局、1ヵ月も入院し、退院後も半年ほど整体に通う生活になりました。

開いた原因はこれと言ってないのですが、

1人目出産後、骨盤ベルトで締めなかったこと、

2人目が大きかった(3695g)ことが原因では無いかと言われました。

 

 

あの痛みにひたすら耐える生活、寝たきりの生活、子どものオムツも変えられない、おっぱいもすぐにあげられない生活は本当に苦しかったです。

なので、出産準備として、骨盤を締める事をオススメします!

著者:らいまま

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。