妊娠・出産・育児の情報サイト


初産で分娩のフルコースを体験!

f:id:akasuguedi:20160601094618p:plain

初産でかなりの難産を体験しました。

 

妊娠中は特に問題もなく、友人と会ったりヨガに行ったり、美味しいものを食べに行ったりとかなり順調に過ごしていました。

予定日の1週間前、その日は病院のヨガ教室でした。普通に参加し、帰りも晴れていたので運動がてら歩いて帰ったりしました。

でも夜中、ずーんっと重い痛みが走りました。

これが前駆陣痛ってやつかぁ、なんてのんきに思っていると、ちょろっと下着が濡れたので、「おしるし!?」と思ってすぐにトイレへ!

すると水だったので「破水だ!」と慌てて母親を叩き起こし、病院に電話!

そして案の定すぐに入院とのことだったので大急ぎで入院道具を用意して向かいました。

病院についたのは深夜1時半だったかと思います。

私はもう産まれちゃうものだと思って旦那に連絡し、始発で来るように言いました。

そこから陣痛計測を何時間おきにするので、興奮してしまい、全く寝られず…。

なのにあれよあれよと陣痛は引いていってしまったのです。

「あれ?すぐには産まれないの?!」

そんなことを考えられるほど余裕があり、朝御飯ももりもり食べました。

旦那も到着して「なんか産まれないねー」なんて余裕をかましていました。

しかし破水は続き、そして陣痛の感覚は短くなりました。

半日たつと段々と余裕もなくなって…。

しかもいきみ逃しが下手な私はすごく苦しくて。感覚的に「もう結構、子宮口開いたかな」と思えるほど痛かったのです。

なので、先生に子宮口の開き具合を見てもらうことに。この子宮口をチェックするための内診ぐりぐりが本当に痛くて痛くて。結果このお産でなん十回されたのでしょう。

 

それなのに…

そして先生から「子宮口が全く開いていないんです」というショックなひとことが!

 

 

結局24時間たっても産まれず。2日目に入るとさすがに体力も奪われ、話すことも食べることも飲むこともできなくなっていました。

そして極めつけは新卒の看護師さんが点滴を何回もやり直したり、分娩台を間違えて登らせたり、旦那に間違った指示を出したり、内診ぐりぐりで子宮口の開きを間違えて伝えたり…。

この一連のトラブルで私の体力とに精神力はガツンと奪われてしまいました。

陣痛で苦しむ中、「どうかこの看護師さんが早番でもうすぐ帰ってくれますように」と失礼な願いを心の中でしていました(笑)。

ちなみに出産後もたくさんやらかしてくれました。今では面白話ですが(笑)。

 

そして2日目、なぜこんなにも難産なのかというのが分かってきました。

赤ちゃんは産道を通るとき、くるっと回転して後ろ向きで出てくるのですが、うちの赤ちゃんは前を向いたままであごが引っ掛かってしまうという旋回異常だったのです。

「もうどうかこの苦しみから解放してほしい」

本当にそんなことばかり考えていました。

そしてもう丸2日たとうとしているとき、先生から「あと数時間頑張ってダメだったら帝王切開になる」と話がありました。

もうそこからは早く決断してくれーと時間がたつのを待つばかりでした。

そして意識朦朧の中、ついにそのときが!

先生はすごく励ましてくださり、

「帝王切開は立派な出産です。そしてここまで本当によく頑張ったね。子宮口7センチまできてたんだけどね。お母さんの身体が限界なので帝王切開となります。もうすぐ会えるからね」と言ってくれました。

何も答えられなかったけど号泣でした。

 

 

そして手術室まで歩くのも陣痛がきているので地獄でしたが、手術室の扉は「明るい未来への扉」なのだと思えました。

麻酔がきいてあっという間に赤ちゃんの泣き声が聞こえ、我が子にタッチすることができ本当に安心しました。

そのあとは睡眠薬が投与されたので久しぶりに30分ほど眠れたのがすごく良かったのを覚えています。

破水→前駆陣痛陣痛旋回異常48時間産まれず帝王切開」と、なぜこんなフルコース出産になったんだろうと不思議でしたが、我が子に会えた喜びで痛みも今は忘れています。

立ち会いだったのですが、旦那にこの壮絶さを横でみててもらえて良かったです。

何も知らなかったらたぶん労えないと思います。

初産で難産でしたが、無事に産まれてきてくれたので、今ではいい思い出です。

 

著者:GReeeeNT

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。