妊娠・出産・育児の情報サイト


陣痛から痛みを耐え抜いて産みたいと思っていたけど、逆子なおらず帝王切開で出産

f:id:akasuguedi:20160601094618p:plain

22歳、初出産で当たり前のように普通分娩になると思っていました。赤ちゃんの体がしっかりできてきた6~7ヶ月目の時から逆子と言われ、まだ回るだろうから気にしないで!なんて言われていました。

 

当時アパレルの仕事でほぼ9時間立ちっぱなしの仕事をしていたのですが、そのうちなおるだろうなんて思っていたのですが全くなおらず。お灸や逆子体操を試みるも結局8ヶ月目まで微動だにせず。

そうこうしていたら残り一週間で産休というときにお腹の張りが止まらず切迫早産で緊急入院となりました。

看護師の先生には、逆子の場合張りがおさまらなかったら絶対に安静にしてと言われ無理してはならないんだなと思いました。

その後安静にし続け、出産予定日から2週間前に陣痛が来てしまう前にとのことで出産日を先生と決めいざ出産!

前日に入院し前の晩の21:00から水もなにも胃にいれてはならないとなり、次の日の朝もなにも食べず。栄養を完全に点滴で補充となりました。お腹を横に切ってもらうように頼んだため、前日に剃毛。看護師さんに剃られなかなか恥ずかしかったです。

当日手術では前と後ろを隠す程度の緑色の紙を羽織って台のうえで丸くなり背中から腰にかけて麻酔のチューブをいれたんですが、それがなかなか入らず痛かったです。そのあと下半身だけ麻酔をかけ、スプレー缶を足にあてられ冷たいか冷たくないかで麻酔が効いてるか確認。

こんなんで本当に効いてるのか?当たる感覚はあるためイマイチわからず。そんなに冷たくないですって言ったところで、「では始めます!」と電機メス切開スタート。

首のところにお腹の部分が見えないように隠されていたのですが、手術用の照明にボヤけて私のお腹のエリアが映って見えてました。そこから出産まではあっという間で10分くらいで産まれました。こんなにあっという間なんだと思いながら、赤ちゃんを連れてきてもらって顔を見れたのですが、抱っこもできず連れていかれてしまいました。

そのあとは先生方が胎盤やらを出します、「お腹縫います」で手術始まって1~2時間で初出産は終わりました。

と思っていたのも束の間術後に想像してなかった痛みと戦うことになりました。

 

まず術後麻酔のせいか意識が少し朦朧とし点滴もうっているため顔はパンパン。義理家族が会いにきましたが、話かけないでというほどほっといてほしかったです。

そして後陣痛!子宮がもとの大きさに戻るように薬をうってそれプラス看護婦さんが馬乗りになって痛みの残るお腹の上から押さえる!これを退院までされました。一番の地獄タイムでした。

そしてお腹切っているため何をしても痛い。起き上がるのには5分かけてゆっくり立ち上がる。トイレも座ってから立ち上がれずかなり引きこもってました。なのに治りを早くするには動かないとならず3日目には痛い痛い言いながら廊下を歩き続けました。

一応背中に麻酔が流れるようにチューブがあったのですが、それも4日目にはなくなりあとは気休めのカロナール錠で痛みをしのぎました。

ごはんについては術後もなにも食べず、次の日の朝から10倍粥からスタートし固形物を食べれるようになったのは3日後くらいでした。

初めての出産を本当は陣痛から痛みを耐えぬいて産みたいという気持ちでいっぱいでしたが、赤ちゃんはへその緒が首に2週回っていたらしく普通分娩だったら危険だったとのことで帝王切開産後の経験と帝王切開だったからこそ赤ちゃんは無事に産まれてきてくれた。帝王切開でも立派な出産だということがわかりました。これからもし帝王切開を控えてるかたいらっしゃいましたら参考になったらと思います。

著者:まるあり

22歳で帝王切開で出産!その娘は現在5歳!すくすく育っています。現在二人目男の子を妊娠中!

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。