妊娠・出産・育児の情報サイト


朝6時の破水からのはじまり、立ち会い出産で一緒に頑張りました!

f:id:akasuguedi:20160601094618p:plain

妊娠がわかり旦那さんに「赤ちゃんが出来た!」と電話で伝えると、喜んで急いで仕事から帰ってきた姿をいまでも忘れません。

 

住んでいる地域のパパママ教室に一緒に参加したり、産婦人科の健診には毎回一緒に参加してくれ、その際に「一緒に立ち会いたい!産まれてくる姿を間近で見たい!」と自主的に言ってくれました。

39週に入った日の朝6時に目が覚めた際に、なにか生あたたかい感じの違和感をかんじ、布団をみてみるとびしょ濡れで、破水していることに気づきました。

横で寝ている旦那さんを急いで起こし、その後少し動揺している気を落ち着かせてから産婦人科に電話をし、その1時間後にはもう病院のベッドで横になっていました。

1週間前から2センチ程子宮口が開いていましたが、病院に着いて助産師さんに確認してもらうと4センチまで開いていて、時間が経つにつれて、じわじわと痛みが出てきて、これが陣痛なのか!と感じました。

昼の12時に子宮口が6センチまで開いて、自分の中で思っていた以上にお腹が痛くなり、痛いと声をあげる元気がなくなってきて、旦那さんに腰あたりを押してもらっていました。

14時には子宮口が8センチですが、陣痛が3分間隔で1時間続いていました。痛みもピークに達して、気が遠のいているのがわかりました。そこから、促進剤を投与してもらい、陣痛の間隔がすぐに2分、、1分と、短くなって、車椅子で分娩室に入りました。

 

分娩室に入って、旦那さんと一緒に、パパママ教室で教えてもらった呼吸法を必死に行い、陣痛がきていない合間に旦那さんには濡らしたタオルで汗を拭いてもらいました。助産師さんから、いま頭がみえてきたよ!とか、もうでてくるよ!と声をかけてもらうと、旦那さんは覗き込むようにして、頭がでてくる瞬間を目に焼き付けたそうで、産まれてくる瞬間を一緒に共有をすることができました。

一生に何度も何度も体験することができないことなので、貴重な体験を旦那さんとすることができ、よかったなと感じています。

著者:ちゃんふ

令和元年5月上旬に元気な男の子を

出産した、25歳、新米ママです。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。