妊娠・出産・育児の情報サイト


期待しては落ち込んで…からの妊娠!

f:id:akasuguedi:20160601094618p:plain

妊活を初めて1ヶ月目。

「妊娠なんて簡単にできるでしょ」なんていう甘い考えをしていました。基礎体温をつけたこともなければ、妊娠しやすい時期なんてわかっていません。

案の定…妊娠検査薬を試すも反応はありませんでした。

 

妊活を初めて2ヶ月目。

ネットで調べ、基礎体温を測ることの大切さを知り、基礎体温計を買いました。そして、冷え性ということもあり、お医者さんに相談し、漢方を処方してもらいました。

測ってみると、だんだん自分の体についてわかるようになりました。

いい時期に仲良しをし、体がだるいな、という症状で期待をし、妊娠検査薬を試します。けれど反応はなし。

このときは、悲しくてなんとも言えない気持ちになりました。情緒不安定になり、旦那に当たることも多くありました。

間違いかもしれない!と「90パーセント以上正確に測れます!」と書いてあるにもかかわらず、再度トライ。

するも…反応なし。

やるたびに悲しい気持ちは増えていった2ヶ月目でした。

 

妊活を初めて3ヶ月目。

基礎体温の結果をお医者さんに診てもらい、時期を確認。言われた時期に仲良しをしました。妊娠検査薬はすぐに反応が出ない、と知っていながらも、フライング検査をしました。もちろん反応はありません。

 

心が折れかけていた(折れていたのが正しい)ある日。

あまり期待せず、妊娠検査薬を使いました。

何本使うんだよ、と自分につっこみをいれつつ、どうせ…という気持ちでいると、明らかに違う反応が。

嬉しくて涙があふれ、1人で泣きました。

「どういう風に夫に報告しようかな」と考えていましたが、もう嬉しさのあまりすぐ報告してしまいました。

ほんとに?ほんとに?ととても喜んでくれました。

今では、悪阻が人一倍辛かったこともあり、主夫業もしてくれている旦那。

残りの妊婦さん生活、楽しく過ごして、出産も頑張ります!

 

周りが出産ブームということもあり、「なんで?なんで?」と焦る気持ちもありましたが、気落ちしている体は妊活女性にとって1番の敵かな、と思った次第です。

1人で悩まず、お医者さんに相談し、ストレスのない生活を心がけることも大切だと思いました。

著者:やま

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。