妊娠・出産・育児の情報サイト


予定日通りに!

f:id:akasuguedi:20160601094618p:plain

初めての妊娠、出産でした。

私は他の妊婦さんと比べてお腹があまり大きくならず、気づかれないこともありました。健診の度に先生には平均より小さめの赤ちゃんと言われてました。

初めてで何もかも不安で心配な毎日でした。

前駆陣痛というのが全く無かったし、小さいと言われていたので「予定日より遅れて生まれるだろう」と予定日前日に夫と話していました。その日は寝付けなくなり夜中まで旦那と起きていました。

 

夫が眠りについた頃、私は生理痛のような痛みが時々きては落ち着きを繰り返していました。

そんなの今までには無くて、もしかして!とすぐに不安になったものの、寝たばっかりの夫を起こせないと思い気を紛らわし、気づいたら朝になりました。

 

その日がちょうど40週の健診が午後にあったので、それまで耐えていました。

どんどん生理痛のような痛みが酷くなり、それと同時に寝ていなかったため眠さが…!

痛みに波があるので、落ち着いた頃に眠過ぎてなんとか2時間ほど眠れてました。

夫も起きてきたところで健診時間になったのでそのまま病院へ。でもこの時は痛いもののまだ耐えれる痛さでした。

(生理痛がすごく重い人はこれくらいなのかなという痛さ)

 

病院に着くと、30分程NSTをしました。看護師さんにも作り笑顔ができるほどまだ少し余裕はありましたが、どんどん痛くなってきて、その日は雪が降るほど寒い日だったのですが、汗がダラダラと流れ落ちるくらい暑かったです。

 

そのあと子宮がどれくらい開いてるか検査する時、もうすでに10センチになっていたそうです。先生もびっくりしていて「もう産まれるね」と言われました。

手術室が2階にあり階段を上がるのですが、歩くのがすごく辛かったです。

 

産まれる時はあっという間でした。

よく「痛い!」とか「嫌だ!」とか叫ぶというのを私はよく雑誌などで呼んでいたのですが、私はそんな叫ぶ力もなくずっと踏ん張っていました。

出生体重は今まで言われてきていた体重よりも500gほど軽く、低体重でした。

 

予定日通り&陣痛も出産も一瞬だったようで、先生にすごく安産だといわれ、私もそう思いました。

著者:ゆっきー

23歳、息子あり。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。