妊娠・出産・育児の情報サイト


陣痛ジンクス焼肉は本当だった!?

f:id:akasuguedi:20160601094618p:plain

37週を迎えいつ産まれても大丈夫な時期になると、早く我が子に会いたかったため陣痛ジンクスをいくつか試しました。

オロナミンCを飲んだり、ピザを食べたり。

38周を迎えた日、陣痛ジンクスの1つである焼肉に! 体重管理に気をつけつつ焼肉を堪能しました 。

 

するとその翌日の明け方、腹痛が。

生理の時とは少し違う痛みを感じトイレに行くと、血の塊のようなものが便器に!おしるしがありました。

 

その日の夕方、陣痛が7分間隔になり、病院へ。入院し様子を見ることになりました。 夜中3時、痛さのピーク。3分間隔。痛くて寝れなかったのに、朝方には陣痛が遠のき、一旦家に帰ることになりました。

でも帰ったとたんに、陣痛5分間隔。ギリギリまで痛さに耐えて昼過ぎに再び病院へ。

子宮口7センチ。夕方には陣痛間隔が2分になっていました。

痛くて動けず、早めに分娩台へ移動。

夜8時ごろには1分間隔。もうこの辺から痛すぎて記憶がないです。

 

気づけば、いきんで!頑張れ!って言われてました。

私はどうなってもいい、とりあえず産んであげなきゃ。と思い最後の力を振り絞って うんちを踏ん張る感じで、踏ん張りました。

「頭出てきた!」と言われてもう一回踏ん張ります。

すると泣き声が聞こえました。

安心感と嬉しさと達成感で涙が溢れました。一生忘れられない良い体験をしました。

著者:37ママ

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。