妊娠・出産・育児の情報サイト


理解のある職場

f:id:akasuguedi:20160601094618p:plain

私は34歳の保育士です。

もともと結婚も遅かったのでなかなか妊娠に至らず、病院に通い始めたころに筋腫が見つかり手術を受けました。手術が終わり半年ほど安静にしたあと、妊活を再開しました。

きっとすぐにはできないだろうな…。高齢出産の時期に入るし、無理なのかな…。

と半ば妊娠を諦めることも少し考えていました。

 

しかし再開してすぐに妊娠がわかりほっとしました。

それでも高齢で初産でもあるので、保育の仕事を続けていても大丈夫なのか不安がありました。

産婦人科で妊娠確定を確認したあとすぐに園長に相談すると、繁忙時期ではあったものの、私に配慮してシフトを組んださったり、重いものは園長自ら運んでくださったり、掃除までしてくださいました。

ようやく安定期に入り職場も落ち着いてきたので、今はバタバタすることもありません。職場の方々のサポートなしではここまで成長できなかったかもしれないと、感謝の気持ちと、ここで働けてよかったなとしみじみ感じました。

 

どんな職場環境であろうと、生まれてくる命を第一に、すぐに報告して働き方を相談した方が良いと思います。言いづらい環境は、考え直した方が良いかなと思います。

著者:きよまま

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。