妊娠・出産・育児の情報サイト


出産時のカバンの中身を公開!あってよかったものと必要なかったものは? by あい

こんにちは、あいです。

今回は出産の入院準備についての体験を綴らせて頂きます!

f:id:akasuguedi:20200127160942p:plain

 

30週ぐらいに、病院からもらった持ち物リストを見ながら荷物をまとめました。

分娩時に必要なもの(病院に行ってすぐいるもの)と

産後の入院時に必要なもの(後で使うもの)に分けて荷物をまとめていました。

旦那さんにも、「こっちが分娩時にすぐ必要なものだから荷物はこっちから出してね。」とシェアしておきました。

f:id:akasuguedi:20200127161008p:plain

病院により持ち物は少し違ってくるは思いますが、分娩準備のカバンに入れていたものはこんな感じ。

私は陣痛が18時間と長引いたので、病院で2回シャワーを浴び、タオルは割と必要だったな…という印象です。

逆に使わなかったのは、リラックスグッズ。

病院に行く程の陣痛になってしまえば、好きなアーティストの音楽や雑誌を楽しむ余裕はありませんでした…。

f:id:akasuguedi:20200127161043p:plain

そして入院準備のカバンの中身はこちら。

ネットで独自で調べた準備リストでは産褥ショーツが必要とあったので心配性の私は念のため用意して行ったのですが、病院が用意してくれていたもので事足りてしまいました。ちゃんと確認すればよかったなぁと思います。

そして一番日の目を見ることがなかったのはテレビ用のイヤホン…ベッド横にテレビが設置されていると聞いていたので用意して行ったのですが、実際はテレビを見る暇など1秒もありませんでした。

折角入院用にイヤホンを新しく買ったのですが…勿体無い買い物をしてしまいました。

f:id:akasuguedi:20200127161129p:plain

f:id:akasuguedi:20200127161141p:plain

私自身の準備に不備はなかったのですが、立会いをしてくれた旦那さんから意見がありました。

言われてみればなるほど!

旦那さんも18時間の長い陣痛に付き合ってくれました。

私は自分のことでいっぱいいっぱいだったのですが、旦那さんもそれなりに気を使って大変だったのは間違いないと思います。

陣痛〜産後数時間後まで一緒にいてくれたのでほぼ丸1日病院に滞在し、その間LDR室の狭くて硬いソファーで仮眠し、歯磨きなし・着替えなしの状況で疲弊していたようです。

f:id:akasuguedi:20200127161216p:plain

と、そこまですると快適に泊まる気満々で目的がずれてる気もしますが…

寝袋とまではいかなくても、歯磨き・着替え等の衛生・リフレッシュグッズはあってもいいのかなと思いました。

いくら出産をするママさんの方が大変といえど、旦那さんも少ない休憩時間でパワーチャージをしてもらえるのも効率的で良い発想なのかなと思います。

旦那さんが元気であれば、ママさんも助けてもらえる場面が増えるかもしれません!

立会い出産を考えられている方々は、陣痛が長引いた時の場合を考えて、同行する方のお泊まりグッズを視野に入れて準備されるのもいいのかな、と思います。

 

f:id:akasuguedi:20190222112659p:plain

著者:あい
年齢:31歳
子どもの年齢:1歳

2018.5.6 長女(ゆいどん)誕生。 ゆいどんに振り回され毎日ドタバタな日常を送る新米ママです。 育児の大変なことも笑い変えて前向きに!をモットーにブログやインスタグラムで漫画を描いています。

ブログ:どんどん育児 〜ドタバタ家族成長記〜

インスタグラム:@yui_dondon

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。