妊娠・出産・育児の情報サイト


破水から始まったお産は42時間

f:id:akasuguedi:20160601094618p:plain

夜中1時、夫と映画を観ていて姿勢を変えようと動いたら、パン!って音とともに

大量の水が流れ出しました。破水だと気づき、すぐに病院へ電話しました。

破水の5日前におしるしがあり、そろそろかなと思っていたので意外と冷静でいれました。

 

おまたにタオルを挟み、車のシートにゴミ袋を敷いて向かいました。

病院について内診すると、子宮口は1cm。まだまだ産まれる気配がないので、眠くなる点滴を入れてもらい寝ることにしました。

我慢できる痛みだけど、定期的にくる痛みにドキドキしていたため、あまり眠れません。

朝の9時頃内診してもらうも、まだ子宮口1cm。院内を歩いたりお風呂に入ったりして過ごすも、お産は進みませんでした。陣痛も我慢できるほどの痛みです。

 

21時。陣痛も強くならないので、また眠くなる点滴を入れてもらい寝ました。

翌朝9時の健診で子宮口がまだ1cmだったので、促進剤を入れました。

お昼頃の内診で子宮口2、3cm。痛みは強くなってるのに子宮口の進みが遅いことに絶望し、もう無理だと訴え心が折れました。内診グリグリも全く痛みはなく、早く子宮口が開いてほしかったので何回もお願いしましたが、一気に進めると危険みたいで断られました。

 

促進剤を強め、夕方17時頃ようやく子宮口が9cmに!いきんでみようか、と先生の言葉で分娩仕様にベットが変わり、いきみ開始。

強い陣痛がくるもすぐに弱くなってしまうので、中々赤ちゃんが降りてこれません。

私の呼吸が浅くなり、赤ちゃんの心拍が弱くなってきたので、酸素注入で呼吸を整えたり、助産師さんが私のお腹に乗り全力で押し出してくれるも出てきませんでした。

最終吸引で取り出すことに。

出てきたと同時に産声を上げてくれたので一安心しました。促進剤を打ち陣痛が強くなってからの8時間。夫はずっと腰を押してくれていました。自分では正座のような体勢でおまたにテニスボールを挟み、陣痛がきたらおさえて、いきみ逃しをしていました。

42時間かかったお産は終わりがみえなくて何回も挫折しそうになりましたが、夫の励ましのお陰で乗りきることができました。

1人では絶対に乗り越えれないお産だったので、夫と病院の方に感謝しかありません。

著者:ちぃにゃん

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。