妊娠・出産・育児の情報サイト


ゴールが見えてる痛みと信じて乗り切った!はじめての出産体験記

f:id:akasuguedi:20160601094618p:plain

私は21歳で初産を経験しました。出産週数は39週4日目でした。

前日の夕食後から「前駆陣痛かな?」という我慢できる程度の痛みが30分置きぐらいにきました。その日は旦那の実家で過ごしていて徒歩で家に帰ったのですが、途中で普通に歩けないぐらいの痛みを感じはじめました。

 

家に帰ってから陣痛の間隔をはかりましたが、5分だったり10分だったりと…バラバラ。とりあえず産婦人科に電話したところ、不安だったら病院で入院しても良いとのことでした。でも、夜中だったこともあり入院費がプラス1日かかるのが嫌で、とりあえず24時を超えるまで我慢しようと決めました。

出産後は数日お風呂に入らないと聞いていたので、陣痛の中、旦那と一緒にお風呂に入り体を洗ってもらいました。

そして寝たら治るかな?と思いベッドにつきました。が、結局痛みに耐えきれず、深夜2時に病院に「今から行く」と電話を入れました。

病院に着き子宮口を確認してもらうと指2本分とのことで、今日中に産まれたら良い方だねと言われました。

それからは病室で陣痛を耐えるだけの時間。助産師さんが「分娩の時の体力が無くなるからおにぎりを食べて」と言って小さいおにぎりを二つ持ってきましたが、一つしか食べられませんでした。

 

そしてお昼頃。便通が来たと思い助産師さんに「トイレに行きたい」と言ったのですが、子宮口を確認するとそれは赤ちゃんの頭でした。

分娩室に入って助産師さんに脱がされた瞬間におしるしが来ました。

 

時計とにらめっこしながら、何回気張れば出てくるか?と、ノンストップで頑張りました。4回ほどいきむと頭が出てきて、2回ほどいきむと体が出てきました。なので、産むまで10回もいきみませんでした。

痛みは鼻からスイカと良く言いますが、とりあえず痛い!私は気張ったはずみで嘔吐し、陣痛中に食べた物が全て出てしまいました。

痛くて耐えれない!と、何度も思いましたが、結局はゴールが見えてる痛み。お腹で育てた子に会えると思えば、お母さんは強い!

 

分娩室に入り20分後、2898gの赤ちゃんが産まれました。

立会いしてくれた旦那は怖かったと言ってましたが、見て良かったとも言ってました。すぐに「産んでくれてありがとう」と半泣きになっていました。

その姿を見て、次も頑張れる。そう思いました。

著者:りん

20歳で結婚し、21歳で出産!

トリマーの仕事をしていました。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。