妊娠・出産・育児の情報サイト


まだまだ赤ちゃんだと思っていたけど、ちゃんと説明すればわかってくれた

f:id:akasuguedi:20160601094618p:plain

私の娘は0歳10ヶ月で卒乳し、それを機に夫の寝かしつけでも寝るようになってくれました。0歳だとまだまだおっぱいが必要な子やお母さんと一緒じゃないと眠れないという子も多い中、寝かしつけに関してはとても楽!と思っていました。

 

その調子で1年が過ぎ、年末に夫の実家に泊まりに行きました。普段は夫か私のどちらか一人で寝せるのですが、何故かそのときは二人揃って寝かしつけをしたのです。

それで味をしめてしまったのか…翌日から、「お父さんとお母さんと一緒じゃないと寝ない!」となってしまったのです。普段夫がいるときは、夫と娘が入浴し、そのまま夫が寝かしつけ、その間に私が一人で入浴していたのですが、私が寝室を離れると怒るようになってしまいました。

お母さんがいないと寂しいというより、お父さんとお母さんが二人でいてくれたほうが楽しい!という感じのようでした。それまではわりと大人しく寝てくれたのに、二人で寝かしつけようとすると横になる私達によじ登ってきたり、寝室を走り回ってみたり、おもちゃを持ってこようとしたり。これから寝るというのにテンション急上昇(泣)。寝付く時間も遅くなってしまいました。

寝かしつけ自体に時間がかかるようになったのももちろんですが、私の入浴時間と、娘が寝たあとにしていた夫婦の夕食時間が大幅に遅くなったのも困りました。

 

このとき私は二人目の妊娠がわかった頃でした。二人がかりの寝かしつけになって一番心配だったのは、出産やその他のトラブルで入院するとなったとき、私がいないと寝ないのではないかということでした。

何とかしないとと思いつつも、そのうちなおるかな…と思いながら二人がかりでの寝かしつけに悪戦苦闘し、約2ヶ月が経過してしまいました。

ところがこの寝かしつけ問題、あっけなく解決したのです!二人がかりの寝かしつけのときは、いつも娘の寝入りばなを見計らい私だけがコッソリ寝室から出ていっていたのですが(それが見つかると目を覚まして怒る…)、

ある日思いきって、寝かしつけの前に「お母さんこれからお風呂に入ってくるから、お父さんと寝ててね!」と宣言したのです。すると娘が「いいよー、行ってらっしゃーい」と快く送り出してくれました!思わず「ほんとにいい?お風呂入ってきてもいい?」と聞き返してしまいました。

この日から、これから寝る娘に「お母さんお風呂入ってくるね」と声掛けをしてから寝室を出るようにしました。もちろんもう怒られません。事情を説明すればちゃんとわかってくれたのです。このとき娘はもうすぐ2歳になろうとしていたところ。まだまだ会話は満足にできませんが、お母さんの言うことはちゃんと理解できるようになっていたのです。娘を赤ちゃん扱いし、何も言わずごまかすようにコッソリ部屋を出ようとしていたことが何だか恥ずかしく思いました。

これを機に、生活全般で「言って聞かせる」ことができるようになりました。娘が、というより私が。

当たり前ですが、子どもはいつまでも赤ちゃんではありません。どんどん大きくなる娘に置いていかれないように、お母さんも成長しないといけないと思った出来事でした。

ちなみに当初お父さんとお母さんと一緒じゃないと寝ない!となった原因ですが、赤ちゃんができたことを察した、いわゆる赤ちゃん返りのひとつなのでは、という説が…!もちろん真相は本人のみぞ知る、ですが。

著者:MU

2歳の女の子の母です。間もなく二人目の女の子を出産予定!

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。