妊娠・出産・育児の情報サイト


3日もあれば成功!

f:id:akasuguedi:20160601094618p:plain

我が家の長女は3月生まれ。運良く4月から保育園の1歳クラスに入園する事が決まり、断乳について考えるようになりました。

掛かり付けの小児科の先生に相談すると、2月から3月には断乳して、保育園に行く前におっぱい卒業させてあげると子どもにとって良いとのことでした。

 

長女は産まれたときからおっぱい大好きで、お腹いっぱいになっても吸い続け、飲み過ぎて吐くような子でした。断乳方法にはとても悩みました。まず始めたのは、昼の断乳。これは離乳食をよく食べてくれてたからか、あっさり成功しました。

 

問題は夜の授乳でした。もともと沿い乳で寝る習慣だったため、おっぱいをあげないとギャン泣き。どうしようか考えていた矢先、友人からディズニーシーへ遊びにいかないかとお誘いを受けました。

もしかしたら私が寝かし付けているから、おっぱいのにおいで寝ないのでは?と思っていたため、パパに相談し私はディズニーシーへ。その日はパパが寝かし付けてみよう!ということになりました。ちなみに、普段はパパは別室で寝ていて、週末だけ一緒に寝る習慣がありました。

 

一ヶ月前から一週間に一回程、最後の一週間は毎日、おっぱいはその日におしまいということを伝えておきました。当日は朝早くに出発したため、私からおっぱいについて話はできませんでした。ドキドキしながら、0時頃帰宅。あえて、寝てなかった時のことを考えて遅く帰宅したのですが、家につくと静か!!私は、そのまま別の部屋でゆっくりと寝ました。

 

次の日パパに話を聞くと、私がいないからか、おっぱいはないと理解してるようで、一緒にお布団に入ったら即寝たそうです。念のためその日も別に寝ようか迷ったけど、パパが次の日仕事で早いため、私が一緒に寝ることに。ドキドキしながら、布団に入ると、そのままぐずることなく即寝!!そのまま断乳成功となりました。

 

一年間一緒にいたママが朝からいなかったこと、毎日この日におっぱいとバイバイと教えてたことで子供のなかで準備できて自然と理解したのではないかと思います。あとは、パパがたまにですが一緒に寝てたので、子供がパパと寝ることを楽しみにしていたこともあると思います。

 

ちなみに次女のときは、10ヶ月で断乳しましたが、三連休に夜だけパパに寝かし付けをお願いしたところ、大泣きし、初日は3時間ほど抱っこして寝かしつけたそうです。

2日目からはぐずるもののそこまで泣かなくなり、3日目にはぐずることなく寝るようになりました。

そのときは夕食までは私も一緒にいたので「なんで急にママいないのーー!」となってしまったようです。

 

なので、私流の断乳は、

・昼の断乳からはじめる。まずは、1日のうち1回だけ、ゆっくり最短でも2週間かけて昼の完全断乳を目指す。

・ママは朝から外出し、寝かし付け後に帰るようにする。

・子供におっぱいバイバイの日を毎日伝える(1ヶ月前くらいから少しずつ伝えはじめて、最後の一週間くらいは毎日伝える)

・パパは子供と寝るのが断乳の時初めてということのないよう、毎日でなくてもいいから一緒に寝る日をつくる。

・おっぱい欲しい!となってなかなか寝ない時のことを考え、昼いっぱい遊び疲れさせておく、昼寝をさせすぎない。

 

これが断乳成功のコツです。

ちなみにおっぱいトラブルを避けるため、断乳によいハーブティーをネットで購入し、毎日飲みました。少し張りましたが、一気に断乳せず、昼の断乳を少しずつすすめて、最後に夜の断乳をしたからか、ほとんどトラブルはありませんでした。

 

断乳は、ママにとってもつらく、かわいそうなことをさせているという気持ちもり、落ち込みやすいですが、そんなときは育児をがんばったご褒美と割りきって、ライブにいったり、イベントに参加したり、テーマパークへいったりして、楽しい時間を過ごし、大変なことはパパにまかせちゃいましょう!

著者:eimy

6歳、3歳1ヶ月の三姉妹の母。現在産休(育休)中で、実家に帰省中。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。