妊娠・出産・育児の情報サイト


1人目帝王切開で2人目は自然分娩に挑戦

f:id:akasuguedi:20160601094618p:plain

1人目は妊娠中に一回もくるくるする事もなく頑固な逆子ちゃんだった為、帝王切開での出産になりました。自然分娩で夫の立会い希望だったのでそれが出来ない悲しさは計り知れないほどでした。けど経験した今は帝王切開もどれほど素晴らしいお産なのか教えてくれた我が子に感謝。お腹の傷は私の勲章だと思っています。

 

それと同時に自然分娩を経験したいという気持ちも溢れてきて、2人目はトーラックを希望。どれほどリスクがあるお産なのかも沢山調べました。賛否両論あるから義母は反対だったと思います。けど私の気持ちは変わる事なく、パパと赤ちゃんと一緒に頑張りたいとその想いだけでした。わがままなママでごめん!だけど必ず産んでみせる。

 

家族同意の上、後期に入りトーラックの出来る病院に転院しました。子宮の厚みも問題なし!このままいけば可能だよと言われ、毎日お腹の赤ちゃんに一緒に頑張ろうねと話しかけてました。

予定日2週間前の夜中に陣痛開始。病院が少し遠かった為そのまま入院しました。その時の子宮口は4センチ。どんどん強くなる陣痛に耐えながら、気付いたら朝になってました。

 

夫のナイスサポートに支えられながらいよいよ分娩台へ!けどここからも長かったー。それでも弱音を吐かない私に「偉いね!頑張ってるね!」と助産師が褒めてくれてはデレデレと嬉しくなり、陣痛どんとこーい!!何て思ってはやはり痛い。

子宮口は全開なのに陣痛の間隔が短くならなかったので、赤ちゃんの心拍が下がってきてしまい吸引することに。

気付いたら先生や助産師さん、小児科の先生達、計10人は周りにスタンバイしてました。

いよいよ産まれるんだ!!とワクワクしながら、次の陣痛でいきんでね!と助産師さんに言われるもいきむの意味が分からず質問。笑

その時!

とうとうきた!陣痛!!

赤ちゃん頑張れーーー!!と叫んでしまった私。お母さん!!しゃべらない!!いきみに集中!!と軽く怒られてしまいました。

痛みに強い私は意外と冷静。

すみませんと謝るも次の陣痛でも

頑張れーー!!赤ちゃ〜〜〜ん!!と太い声を出してしまいました。

それにしても出てこない。先生達も必死の中、きた陣痛!!今度こそ歯を食いしばっていきむ私。隣でなぜか旦那がうアァァーー!!と声を出してる姿に少し衝撃を受けつつも、ニュルンとした感覚。

赤ちゃん産まれた!!とうとう私のお腹から出てきてくれた!嬉しさと声を出して泣いてる姿にとても幸せな気持ちが溢れて気付いたら泣いていました。

隣にいた旦那からも感動の涙が…

痛みに耐えて偉かったね、頑張ったね

と言ってくれた言葉が何より嬉しかった。支えてくれてありがとう!

そして一緒に長い時間頑張ってくれた赤ちゃん。あなたのおかげで私は強くいられたよ。

そんなこんなでトーラックは成功!

両方経験したけど、楽なお産は一つもない。一つ一つドラマがあって奇跡なんだって!こんな素敵な経験をさせてくれた2人の子供には感謝しています。

著者:ゆみ

2人の女の子ママ

痛みに強い28歳

尊敬してる人はクレヨンしんちゃんのみさえ

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。