妊娠・出産・育児の情報サイト


おっぱいと背中スイッチと外野

f:id:akasuguedi:20160601094618p:plain

産後はよく寝るものと思ってた赤ちゃん。

長男は産後産院にいるときからずーっと泣いてばかりでした。

おっぱいやミルクの程度も分からないので、看護師から支持された規定通り三時間授乳をしたり、ミルクをたしてしても泣いていました。抱っこで寝たと思っておいたらなく…。

3キロしかない息子でも抱き続けると重いし、狭い病室をウロウロするのも限界でした。

できることは精一杯やってる。

なのに周りから「おっぱいは?ミルクは?オムツは?」と言われてイライラしてました。

 

退院後も夫は昼は仕事をしています。夫が家にいるときは一応気にして、私は泣いてる息子を抱えて別室に行きましたが「なんで私だけ?」と思いながらあやしていました。

 

そんな中、おっぱ息子はおっぱいをうまく吸えません。おっぱいを嫌がり、さらに泣いてしまいます。

イライラの頂点に来たのは、退院してから一週頃の時期でした。夫が帰ってきたときに放心状態で泣きじゃくる息子を抱き、自分も泣きました!!

子供が生まれてママにはなっても、何でもわかるわけではありません。一人育児をしてるようで孤独感が強く「産後鬱ってこう言うこと!!」と自分でもわかっていても、受け止められません。自分のキャパシティを超えたとき、何か自分の中で糸が切れました。

 

夫は6時までには帰ってくる恵まれた環境だったと思うのですが、やはり日中の息苦しさは半端なかったです。

実家に帰れずにすぐに家に帰ったこともありましたが、やはり産後は誰が手伝いをしてくれる人がいるのといないのでは大違いだと思います。

また相談できる人がいるだけでも、気が楽になります。

 

今第二子妊娠中ですが、今回はいろんな制度、周りの友達の援助を受けて頑張ろうと思ってます。

おっぱいに関してはやはり専門に聞かなくては分からないこともたくさんあります。うまくいかないときは相談、もしくはもうミルクでいいやぐらいの気持ちがあると、気が楽になるかと思います。

著者:ちゅん

2017年第一子出産

現在第二子妊娠中!

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。