妊娠・出産・育児の情報サイト


妊娠中に突然飛び出てきた“痔”。お付き合いが一生続くと思っていたけれど… by ちい

はじめまして!
ちいと申します。
Instagramで育児絵日記とか、育児と関係ない事とかを描いています。
4歳の息子と、同じ歳の夫と3人暮らしです。


妊娠中って、悩みが尽きませんよね……。
例にもれず私も
・仕事のストレス
・つわり
・体重管理
・便秘 ……

悩みは沢山ありました。

 

そしてもう一つ、私が悩まされた事……
それは……

f:id:xybaby_ope_01:20200210103813j:plain

そう、痔!!です。

 

f:id:xybaby_ope_01:20200210103831j:plain

妊娠7ヶ月くらいの頃です。
おしりに違和感を感じました。(常に何か挟まっているような感じ)

恐る恐る触ってみると……
「肛の門から何か出ている……」
「これってもしかして……痔?」
と思いつつも、産婦人科で相談するのが恥ずかしくてなかなか言えませんでした。
(ちなみに痛みはなかったです)

 

でも、診察の時にどうせ見られているわけだし、勇気を出してきいてみました。

すると
「うん、出てますね。痔ですね☆」
というあっさりとした返事。

話しをきくと、妊娠中に痔になる人はとても多いとの事。
産婦人科の先生も、「別に大したことじゃないですよ~」という感じでした。

私は妊娠中、ずーっと便秘が酷くて、それも痔になりやすい要因みたいです。

妊娠中で、産婦人科で痔の事を相談するのをためらっている方がいたら、先生にきいてみてください。
私は、産婦人科で痔のお薬も出してもらえましたよ。

 

そして、
「妊娠中は薬を塗りながら様子を見るしかないね~。出産のときイキんだら、またどうせ出てくるから☆」という恐ろしい言葉もいただきました。
(痛みのある、ひどい痔の場合は、出産前に手術する場合もあるようです)

 

そしていよいよ出産時、どうなったかというと……
 

f:id:xybaby_ope_01:20200210104055j:plain

私も、
「出産の時、痔が気になって上手くイキめなかったらどうしよう……」
とか心配していたんですが、そんな心配は無用でした。

必死過ぎて、痔の事なんて一度も考えませんでした。

出産した次の日も、会陰切開とか色々で、自分のオマタがどうなっているかよく分からない状態なので、しばらくは痔の事も気になりませんでした。

とりあえず、出産時のイキみで痔が酷くなったという感覚はありませんでした。

f:id:xybaby_ope_01:20200210104000j:plain

産後しばらくは、相変わらず、たまに痔がコンニチハしてました。

かわいい赤ちゃんを見つめている時も、友達と話している時も、家族で楽しくご飯を食べている時も、いつでもどこでも
『コンニチハ!』と飛び出してくるのがアイツです。

この頃は、
「私は一生、痔と付き合っていかないといけないのかな~」と思っていました。

 

f:id:xybaby_ope_01:20200210104017j:plain

ですが、産後約1年後……

気付いたらアイツ(痔)はもう出てこなくなっていました。
特に何か治療したわけではないですが、自然と治っていました。

息子がひとりで歩きだした頃……
息子の成長を見届けて、去っていたのかもしれません。(ちがうか)


今回はあくまで『私の場合』です。
もちろん痔にならない人もいるし、産後も治らない人もいると思います。

ただ言いたかったのは、妊娠中に痔になる人はとても多いので、
「恥ずかしい事ではないよー!」という事。
 

f:id:xybaby_ope_01:20200210104038j:plain

悩んでいる方は、恥ずかしがらずに産院で相談してみてくださいね!

 

 

f:id:xybaby_ope_01:20200210104347j:plain
著者:ちい
年齢:35歳
子どもの年齢:4歳

体力オバケの息子(4歳)と強面天然の夫(同じ歳)と3人暮らし。インスタグラム(@chii_manga)で育児絵日記とかくだらない事とかを発信しています。趣味は家族で行く登山やキャンプ。でも一人でひきこもるのも大好き。仕事はお菓子を作ったりブログを書いたりしています。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。