妊娠・出産・育児の情報サイト


予想していなかった出産

f:id:akasuguedi:20160601094618p:plain

私の妊娠、出産は予想外のことばかりでした。まず妊娠かもしれないと思った6週目頃からチクチク腹痛があり、その後大量出血、切迫流産となりました。医師からも流産になるかもしれないと言われました。

10週目前にはまた出血。すぐに入院になり、安静の毎日でした。その頃は常に不安で、赤ちゃんをどうやって守ってあげればいいのかと考えては堂々巡り。そんな日々でしたが、切迫流産の原因だった血腫も少しずつ小さくなり、6ヶ月になる頃には自宅安静に切り替わりました。

 

そしてもうすぐ安静指示が解除になる36週3日の夜!座ってテレビを見ているとショーツが少し濡れた気がしました。「まさかね」と破水したとは思いませんでしたが、一応病院へ連絡。次の日の朝に受診するようにと言われました。その日はそのまま寝ましたが、やはり朝方またショーツが濡れ、前回よりも多かったので「破水かも」と焦り、病院へ連絡。昨日決まった受診時間で良いとのことで、午前中に受診しました。

 

結果は破水していたということで入院。正産期手前での破水だったので、陣痛が来なければ、赤ちゃんの体調によっては37週まで待つことになりました。10時頃入院したのですが、午後には少しずつ陣痛が始まったのか、お腹が張る時間が増えてきました。

ただ、お腹が張ると赤ちゃんの心拍が下がると言って、しょっちゅう助産師さんが慌てていました。自分では陣痛もさほど分からず、赤ちゃんも動いていたので心配していませんでしたが、事態は意外と深刻だったようです。主治医からは帝王切開の説明が始まりました。

 

今まで普通分娩のつもりでいたので、一応くらいに説明を聞いていましたが、その日の夜には赤ちゃんの心拍が下がる回数が増え、私には酸素マスクやらレントゲンやらが始まり、医師から

「赤ちゃんの心拍が下がってしまい普通分娩には耐えられないと思う。緊急帝王切開に変更します」

と言われました。

その頃には私も赤ちゃんがただただ心配で、何でもいいから助けてほしいと思い、あれよあれよと言う間に手術となりました。手術が始まり5分ほどで元気に赤ちゃんは生まれ、産声を聞いたときには本当に安心して涙が出ました。

 

そんな出産も1年以上前。今ではやんちゃな我が子に四苦八苦しながらも元気に育ってくれていることに感謝ばかりです。

予想していなかった出産となりましたが、破水を気がつかなかったら赤ちゃんはどうなっていたかと思うと怖いです。

少しでも怪しいと思い病院へ連絡して、本当に良かったと思います。

著者:匿名希望