妊娠・出産・育児の情報サイト


不妊治療でケンカばかりだったのに、ケンカしなくなった夫婦。

f:id:akasuguedi:20160601094618p:plain

独身の頃から子どもが好きで、早く自分の子どもが欲しかった私。

29歳で結婚し、1歳でも若く産むに越したことはないとの思いから、なんとしてでも30歳には産みたい!

そんな私は、一人で焦っていました。

当時、妊活中の友達がいたので、その友達に色々と相談したりして、とりあえず基礎体温を毎日測って記録してみることにしました。

すると何となく排卵日はこの辺りかな?という予想が自分でつくようになりました。

しかし結婚当初から避妊はしていなかったのですが、毎月ちゃんと生理が来てしまうのです。

 

一向に妊娠する気配がなく、気付いたら結婚して一年経過していました。30歳で産む夢は諦めるしかありませんでした。さすがにこれはおかしい。もしかしたら不妊かもしれない。そう思い、結婚して一年過ぎた頃から、本格的に不妊治療に取り組みたいと思い始めました。

 

しかし不妊治療は女性一人で出来るものではありません。最初は夫婦共に検査をして、どちらに問題があるか、もしくはどちらにも問題が無いのかを調べてハッキリさせなければ、治療が始まらないのです。

夫に「一年過ぎても妊娠しないのはおかしい。不妊かもしれないから、病院に行こうよ。」と提案しました。

すると、「は?病院?俺は不妊じゃないから嫌だよ」と。そこからケンカが始まりました。

その後も子どもの話になると必ず不妊の話になるため、その度にケンカになり、そのうち夜の回数も減ってしまいました。

 

どうしても病院に行きたい私と、病院に行きたくない夫。

そんな私たち夫婦はどうなったかというと、結果から言うと、私たち夫婦は不妊治療を始めることができ、タイミング法を半年、結局それはダメだったのでステップアップして人工授精をし、人工授精の2回目で妊娠することができました。

 

ケンカばかりだったのに、どうやって妊娠まで辿り着けたのか。

それはズバリ!夫をたてることに徹したのです。

男性はプライドが高い生き物です。とくに私の夫は典型的なプライド高い人間。

本当はイラッとしてしまっても、言い返さない。全部私の方が下に下に。そしてお願いしますと情に訴えることに。

「私はアナタとの子どもが絶対欲しいの。アナタのことが大好き。そんなアナタをパパにしてあげたい。お願いします、病院行こう」

と。これを毎日続けていたら、ケンカもなくなり、次第に夫も協力してくれることになりました。

男って単純だなぁ。

 

最初に検査をした結果、夫は何も問題がなく、私は多嚢胞性卵巣症候群ということが判明しました。それも上手く使い、何かあると「私のせいでごめんなさい」と言っていました。本心はそこまで悪いと思っていなくても、大げさに言うことに意味があるのです。

 

そしたら、最初はあれだけ断固拒否していた不妊治療も、段々と協力的になってくれて、病院にも一緒について来てくれたり、最初とはまるで別人のようになりました。

全ての男性に当てはまらないとは思いますが、妊娠するためにはこういう方法もあるんだよということを伝えたいです。

著者:さくちゃん

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。