妊娠・出産・育児の情報サイト


スピード出産

f:id:akasuguedi:20160601094618p:plain

妊婦健診の時から大きめだったのですが、全く産まれる兆候はありませんでした。

妊娠38週2日。

夜に破水からの即入院になりました。幸い夫がいる時間だったので病院まで連れて行ってもらい、この時点(23時過ぎ)では陣痛も無く余裕でした。

内診をすると子宮口は1cm程度で、出産には程遠い開きだったので陣痛室で仮眠を取ることになりました。陣痛も無いので出産を控えているのに私も夫(別室で仮眠させてもらいました)もぐっすり寝ていました。

 

私に異変が出始めたのは日を跨いで午前4時頃でした。

これが陣痛なのか?と思う程度でしたが、お腹に痛みを感じ始めました。でも、微弱だし1時間後には内診を予定していたので、とりあえず陣痛アプリで間隔を記録することにしました。

午前5時の内診では子宮口3cm、強い痛みが時々あって助産師さんと痛みを逃していました。

正直、子宮口が全開になるまで耐えられる自信がありませんでした。開き始めたばかりでしたが、痛かったです。

 

午前6時少し前、仮眠を取っていた夫が陣痛室に来ました。

数時間前まで余裕だった(出産は昼過ぎと言われていた)私しか知らない夫は、痛みに耐え、その痛みを必死に逃している私にびっくり。

痛みの波がくると背中を撫でたり、飲み物を飲ませたり、サポートしてくれました。

 

夫が部屋に来て約20分後、また痛みの波がやってきました。

教えてもらったように呼吸を整え、ゆっくり深呼吸をするのですが、それ以上に痛みが勝って更に何かが出てきそうな感覚なりました。

さすがに「これは違う!」と察してナースコールを押しました。子宮口はほぼ全開、頭が側まできていました。

あれよあれよと分娩室に連れられ、担当の先生と助産師さんを呼び(明け方だったので緊急連絡)、分娩の準備が進められていました。

 

準備が整い出産が本格的に始まりました。陣痛も痛いのに、出産も痛い。

全身に力を入れても、そう簡単には出てきません。何度目だったか忘れましたが、我が子は無事に産まれました。

元気良く産声を聞かせてくれた時は、ホッとしました。

陣痛時間は2時間41分。

初産にしては上々の出産時間でした。

実際、耐えられないと思った陣痛は午前5時以降だったので、気持ち的にはもっと短かったです。

ちなみに、出産も痛いのに、会陰切開も痛いです。

著者:Aちゃん

流産経験者

(心拍確認後の妊娠14週)

 

2019年4月に第一子誕生

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。