妊娠・出産・育児の情報サイト


便秘で毎日はらはら

f:id:akasuguedi:20160601094618p:plain

便秘の話しという汚い話になってしまいますが、妊娠中にはほっといてはいけないことだと感じたので書きました。

 

6ヶ月に入ったあたりから、便秘がひどくなり困っていました。元々便秘症で初期は2、3日に1回出るという感じでしたが、お腹が出てきた6ヶ月あたりから5日に1回になってしまいしんどい思いをしました。

一度会社に出社してからすぐにお腹を下すような腹痛がおそってきて、初産で経験がないので心配になり、仕事はその日は早退させてもらいました。

 

通勤時間は一時間あるのですが、帰りの電車でさらに痛みの間隔が短くなっていき、電車を降り駅から家まで歩けないくらいの激痛がありました。幸い夫の会社が近く、会社にいたため車で迎えに来てくれたので帰ました。冷や汗がたくさん出て怖かったです。

 

病院で便秘が原因と言われ、早産の兆候ではないことには安心しました。毎日便秘解消のことを考え食事に気をつけるようにしてから、また2、3日に1回は出るようになりました。毎食口にするものは気をつけていたので、精神的にはしんどかったです。

 

それでなくても妊娠中は好きに食べたいものを食べれない状態なのに、更に制限していくことになったので、食事のストレスが強くなりました。また汚い話になりますが、便が硬いせいで痔がひどくなり、いよいよとても痛くてしばらく何時間も痛いという感じになっていました。

 

そんな中救ってくれた食べ物は、冷凍の焼き芋とヤクルトさんが販売しているミルミルSでした。この二つでだいぶお通じが改善して、ストレスが少し減りました。あとは油が入っている食べ物を減らすことや、水分をしっかり摂ることで、便の硬さも少しやわらぐようになりました。

 

便秘がこんなにもしんどいものとは思っておらず、ここまで毎日考えて食事をしたこともなかったです。

また、仕事に行くなど外出する時にいつ腹痛が起きるかわからないので、毎回外に出るときは怖かったです。

(便意がおこることすら怖かったです。すぐには出ないのでトイレに長時間こもることになるので)

 

今は9ヶ月に入ったばかりでまだまだ気は抜けませんが、もう冷や汗が出るほどの恐怖も味わいたくないですし、痔の痛みともさよならしたいのです。

ストレスにならない程度に食事に注意して、頑張って過ごしていきたいなと思います。

著者:はな

現在妊娠32週目、第一子妊娠中です。アラサーです。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。