妊娠・出産・育児の情報サイト


「出産時に出血するのは仕方ない…」と勝手に思っていたら、胎盤剥離に!

f:id:akasuguedi:20160601094618p:plain

妊娠してから今まで特に問題もなく順調に正産期に入りました。

 

38週5日の時、いつもの産婦人科で内診グリグリされその日から少しだけ出血がありました。

その日、子宮口まだ1cm程。その頃から前駆陣痛のようなきゅーーっとした痛みがちょこちょこ起こるようになりました。

39週0日。昼間、友人と遊んでいたところ、顔をしかめるようなぎゅーーーっとした痛みが腰におこるようになってきました。時間を測ってみましたが全然定まっておらず、「まだまだだろうな」と思っていましたが、一応念のために病院へ行きました。

今までの前駆陣痛のようなものとは痛さレベルが明らかに違っていたので、「ついに陣痛だな!」と自分でわかるレベルでした。病院での健診では子宮口はまだ1cmとのこと。心音を聞く機械を30分程付けて特に問題がなかったため一度帰宅しました。

家に帰ってから1時間ぐらいしてとにかく陣痛に備えごはんを食べました。痛みはだんだん強くなってきて間隔も10分程でしたが、病院が近いこともあり3時間ほどそのまま耐えました。

夜9時半頃に間隔が10分より短くなり、腰の痛みが相当きつくなってきたので病院へ。まだ陣痛の間でも歩く余裕はあったので、徒歩でむかいました。

病院へ着くと夕方付けた心音を聞く機械を付け分娩用のベッドにとりあえず寝転びました。

看護師さんが「まだまだかかりそうだね、子宮口2cmぐらいだけどどーする?1回帰る?」という感じでした。

私としては、「体験したことのないような痛みで耐えられるかわからないのに、まだ2cm…。お先真っ暗だな」という気持ちでした。

なぜか陣痛が来ている時は、お腹ではなく腰だけが痛かったです。すると何やら温かいものが出てきた感じが!起き上がれなかったのですが、自分では「破水したのかな」と思いました。

その時はちょうど自分1人だけ。

やがて看護師さんが戻って来た時に「あれ?出血がすごいね…ちょっと先生呼ぶね」となにやら慌ただしくなり始めました。

 

 

出血は出産にはつきものだと思っていたので特に気にもせずただただ定期的にやってくる陣痛と戦っていました。

すると先生がやってきてさらに慌ただしくエコーを撮り始めたのです。

家族が呼ばれ、「どうやら胎盤が一部剥離しているかもしれません。このままでは母子ともに危険な状態のため、今から救急車で大きい病院へ搬送します」との説明が…。

私は陣痛の痛みとショックでプチパニック状態になってしまいました。

その後、大きな病院へ搬送されると10人以上の看護師さんと先生に囲まれすごい勢いで手術の準備が始まりました。その勢いでことの重大さに気付いたのです。

その頃、陣痛は3分間隔ぐらいでした。

いろいろなところから点滴や注射を刺され、陣痛は痛いし泣きましたね。そしてすごい勢いで手術室へ運ばれ「下半身麻酔で手術しますが、何かあれば全身麻酔に切り替えます」と説明されました。

下半身麻酔でしたが朦朧とする意識の中、手術中の声はほぼ聞こえており、先生が「1分で赤ちゃんだすからねー」といってくださいました。

その瞬間、麻酔が効いているはずなのにお腹の中がものすごい激痛が走りました。

そして「痛い!痛い!」と叫びましたが、先生は「少しがんばってねー赤ちゃん出るよー」と。

そして元気な産声が響き、その瞬間に痛みはなくなりました。

その後、麻酔の副作用らしく身体がガタガタ震えてきて喋れる状況ではありませんでしたが、1時間ほどで落ち着き、家族の待つ病室へ移動しました。

いきなりの出来事だったので、わけがわからないまま出産が終わりました。

ただおかげさまで赤ちゃんは無事に産まれ、私も元気です。

 

 

あのとき一度家に帰って痛みと戦って、出血しても自己判断で「出産だから仕方ないよね…」と、家でまだ待機していたら、きっと赤ちゃんも私も危なかったと思いました。

何があるかわからないと言いますがまさか自分がこんな大変なことになるなんて思いませんでした。自己判断せず病院に早めに行ってよかったです。

その後は母子ともに経過は順調で無事に退院できました。

公立病院での帝王切開になったため、お値段はとても安く1週間入院して42万からお釣りがきました。

ただ24時間母子同室で入院中はまだ身体も辛くキツかったです。

著者:かお

男の子ママ

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。