妊娠・出産・育児の情報サイト


思い残すことはない!と出産に臨めました。

f:id:akasuguedi:20160601094618p:plain

妊娠38週0日の妊婦健診でのことです。

いつものようにNSTをするも胎動なし。延長するも胎動なし!助産師さんが必死に我が子を起こそうとするも胎動なし。

「朝は動いてたんですけどね〜」とのんきなことを言いながら内診をしてもらったところ「子宮口3センチ開いてますよ〜」と言われました。

初めての妊娠なので、ふーん3センチねーと思った私。

すると先ほどの助産師さんから「もしかしたら次の健診待たずに近々生まれるかもよ!」と言われてびっくり。

NSTで胎動がなかったのは、もう赤ちゃんは生まれる準備をしてるとのことでした。

 

痛くもなんともない私は健診後、姉や母に「3センチ開いてんだってよー!」と報告。出産経験のある姉から、それ明日とか明後日に生まれるんじゃないの?と。

 

そこから私と夫の出産準備が始まりました。といっても心残りがない食事をしようというものですが(笑)

妊娠初期から大好きなラーメンやチョコレートを控え、焼肉は完全に火が通ってるものしか食べれていなかったため、出産したらなかなか行けない!と思い食べまくりました。

 

その日はとりあえずお昼にラーメン、チャーハン、餃子。おやつにアイスクレープ。夜はクリームパスタとピザ。

次の日。お昼に焼肉。おやつにフォンダンショコラ。流石に胃もたれしたので夜は健康的な和食に戻しました。

 

38週2日の朝。生理痛らしきものが規則的に来るようになり、入院。その日の夜に無事出産しました。

 

生まれる前から「ママ!ちゃんとしっかり食べてね!」と娘の優しさでしょうか。本当に心残りがなく、すっきりした状態で出産に臨めました。

夫も理想的な出産になったねと喜んでいました。(なんせ妊娠中、一緒に食べたいものを我慢してくれていた夫でしたので)

 

そんな私の影響があるのかわかりませんが、現在生後3ヶ月の娘は食べ物に興味津々。大人が食べてると一緒に口をパクパク。じーっと見つめられながら,今も楽しく親子3人ご飯を食べています。

著者:ちゃっちゃか

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。