妊娠・出産・育児の情報サイト


子宮口4㎝から一気に9.5㎝へ

f:id:akasuguedi:20160601094618p:plain

予定日超過2日目の夜中の1時、お腹に少し違和感を覚えて様子見ながら時間を計ると、10分間隔でした。

 

2時頃に病院に電話するも、前駆陣痛もおしるしも破水もなく初産のため7-8分まで様子見。3時頃に再度電話する時には6-7分間隔になりました。

 

病院へ行き手続きを済ませる頃には5分間隔になっていたのに、子宮口は指2本も入らない3㎝ほど。「立会い希望の旦那さんは7時頃来てもらえばいいかな」と言われ、まだまだなんだと思いました。

 

そこからどんどん短くなる陣痛と強くなる痛み。段々と声を出さないと耐えられなくなり、おしるしもありました。それでも子宮口は4㎝です。ぺらぺらなんだけどねと謎の励ましを受けながら、ひたすら陣痛に耐えました。

 

そこから更に陣痛間隔は短くなり、痛みは増すばかり。赤ちゃんがお腹を蹴ると下腹部に激痛、そっから腰からお尻にかけて激痛、そして休憩。後どれぐらいこれにない耐えなきゃと思うと怖くて時計も見れず、ひたすらになりふり構わず叫びながら耐え忍びます。助産師さんは時折さすりに来て励ましてくれるけれど、子宮口に関しては全く何も言ってもらえず、絶望感しかなかったです。もう2分間隔ぐらい、1時間堪えるのにこの痛みを30回…。

 

やっぱり絶望感しかない、 

と思っていたら8時半頃に分娩台へ移動を許され、なんと子宮口9.5㎝!後0.5㎝と言われやっと絶望感から解放!分娩台でもお腹を蹴る赤ちゃんと一緒に頑張り、9時35分に無事出産!「1人目にしては安産だよ」とみんなから言われました。

 

子宮口4㎝と言われたっきりでも、分娩台に移動、えっと思ってたら子宮口9.5㎝ってこともあるみたいです。

 

ちなみに安産だったものの、産後は会陰切開の傷跡が恐ろしく痛み、丸3日ほぼベットで過ごしました。消える糸だと言われたけれど抜糸をしてもらってようやく歩けるようになりました。陣痛の痛みは想像してけれど、産後もこんなに痛い思いをするとは思ってませんでした…。

著者:かん

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。