妊娠・出産・育児の情報サイト


つわりなく最高のマタニティライフ!そのままスルッと出産のはずだった

f:id:akasuguedi:20160601094618p:plain

37歳、初産です。

つわりがなく、母体、胎児とも何もトラブルなく日々お腹が大きくなってきて、あまり妊婦の実感がないまま、仕事もギリギリまで働いて、産休に入りました。お腹の赤ちゃんと過ごす残り少ない日々を、のんびり過しながら、出産予定日2週間前にそれは突然やってきました。

 破水です。

 

朝6時30分。ベッドから降り立った瞬間、多めの尿漏れのようなものが発生。一時的に止まったので、どうしようか産院に電話すると、すぐに来てくださいとのことで、来院すると即入院。「明日の夕方頃には出産できるかな~」と先生に診断されました。

 

予定日まであと2週間もあったので、いきなり明日と言われ呆然と、リカバリー室へ。そこからが地獄の始まりでした。

 

子宮口が全く開いてないので、無理やりこじ開けるために、バルーンを挿入。これがたまらなく痛い‥‥。そこから、ベッドの足元の柵からバルーンに重りを吊るし、「自然に落ちるまで耐えてください」と助産師さん。同時に陣痛促進剤を投与されました。

 

自然に重りが落ちるまで個人差があるようですが、私は2時間くらいで落ちました。吊るしている間、子宮口を拡げる激痛と、人工的な陣痛がじわじわ始まり、1人部屋で、痛みに耐えていると、周りの部屋から叫び声が。

 

「痛いー!」「もうやめてー!」

 

何も知らない私は、この産院大丈夫か?と思うほど‥‥。6時間後自分が同じことになるとはつゆ知らず‥‥。

 

夕方、5分おきの陣痛が激痛となり、夕食(超豪華)もほぼ食べれず。1度個室へ移動させられるも、夜勤帯で人が減るからということで、分娩室へ行きました。

夫が泊まり込みを決意してくれ、激痛で叫び続けている私の背中をさすり続けてくれました。大変心強く、助かりました。

 

翌朝7時半、今度は点滴の陣痛促進剤を投与。3分置きの陣痛に変わり、もう気力がなく、ぐったりしていると、先生がやってきて、診察。

「大変だったみたいだね~。でも子宮口がまだ6cmしか開いてないんだよ。お昼まで頑張って~」

 

まだ、でてこないの?

 

お腹の子に、早く出てきてよ~、お互い楽になろうよ~と訴えながら叫び続けていると、お昼頃、再度先生の診察。「エコーで診たら、赤ちゃん向きがおかしいんだよ。回旋異常だね。今からバランスボールにまたがって、赤ちゃんの向きを変えよう。」

 

バランスボールにまたがる‥‥。これが痛くてしんどい!10分持ちませんでした。

 

30分後先生がやって来て、

「赤ちゃんの心拍低下、ママの炎症反応が異常値、母子ともに危険になってきているので、緊急帝王切開します!」

 それを聞いて、 

「さっさと切ってください。楽にしてください。帝王切開は痛いんですか?何時間かかるんですか?術後どうなるんですか?陣痛は無くなるの?」

と先生に質問攻め。痛み恐怖症になってしまった私は、されること全てに、痛みの程度を確認するようになってしまっていました。

 

徒歩でオペ室まで行って、麻酔されるまで、オペ台の上でも陣痛が残っているので叫び続けました。やっと麻酔が効いてきて陣痛が無くなったときの解放感。嬉しすぎて泣けてきました。

オペが始まり、約30時間叫び続けた私の体力は限界で、オペ中寝てしまい、知らない間に赤ちゃん誕生。

あ~これで終わった。痛みから解放される。色んな想いを抱きながら、半泣き。正直、赤ちゃんと対面しても実感が湧かなかったです。

 

またしても、あのリカバリー室へ運ばれ、麻酔で動けない私は、麻酔が切れる更なる地獄が来るのを知らず、眠ってしまいました。

 

翌朝目が覚め、腹部に激痛が‥‥。

咳、くしゃみ、笑う、起き上がるなどの腹圧をかける行為が全てに激痛。切った後がとてつもなく痛いのです‥‥当然だけど。

 

完全に舐めてました、帝王切開術後。何をするにしても痛い、帝王切開術後創部。でも、いつ終わるかわからない陣痛の耐久レースに比べたらマシかなと思いました。痛みの種類が違うからそう思うだけかしれませんが。

 

痛みの程度は、人それぞれです。

私は30時間叫び続け、結局は帝王切開。もう二度と妊娠はしたくないと思いましたが、痛みは忘れるんですよね。辛かった事実だけは一生忘れませんけど。

 

今、赤ちゃん誕生から2ヶ月。本当にしんどいのは、産まれてからと実感しています。

赤ちゃんは可愛いですし、日々の成長が楽しみになってきています。そう、思えるのも、私はこの2ヶ月たってからでした。

 

産後、退院してからの恐怖。この子を育てられるのか、ちゃんと3時間おきの授乳ができるのか、睡眠不足だし、身体はバキバキで痛い、抱っこで腕が痛い、創部は痛い、赤ちゃんは何で泣いてるかわからないし。不満だらけだし、その度に自己嫌悪に陥り、毎日泣いていました。産後うつになりかけるほど。

 

世のお母さん達は、本当に凄いし尊敬します。 

そして他人は言います。

「育児を楽しんで~」

といいますが、最初そんな余裕ないです。イライラしっぱなしだし。

 

でもね。

赤ちゃんが、ふと笑うんです。感激しますよ~。この笑顔のために色々耐えているんだなと。

 

これからママになる方へ。

全ては、人それぞれです。個人差がありすぎます。私は~、うちの子は~、って思ってしまいます。特に責任感の強い方は。私も完璧にしようとして、でも出来ない自分を責めました。それが産後うつの引き金になります。わからないこと、不安なことは、いろんな人に相談して、1人で抱え込まないでください。ママは必ず通る道です。頑張る必要は無いです。

 

さぁ、また夜が来た。今晩も頑張ろう!

著者:リサりこ

37歳、初産。緊急帝王切開で女児出産。四苦八苦しながら2ヶ月目に突入。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。