妊娠・出産・育児の情報サイト


スピード出産!

f:id:akasuguedi:20160601094618p:plain

39週3日で出産しました。前の週の健診で

「子宮口指1本開いてるね。でも、まだまだかかるね〜。今度の健診でまだ開いてなかったら、促進剤を使う予定を立てましょう」

と言われました。妊娠中期からよくお腹が張って、逆子だったこともあり、基本安静に!と言われていたのですが、34週の健診で逆子も治っていて、夫の転勤も決まっていたこと、とにかくお腹が重くて早く楽になりたい!という思いから、38週の健診後はお腹の子に

「早く産まれないとお父さんに会えないよ!」

 とひたすら話しかけました。また、ウォーキング、ラズベリーリーフティー、オロナミンCなど、陣痛がくる!というジンクスをひたすら試すと、39週3日の朝おしるしが!

 夫には、

「まだかかるって言われてるから今日はないと思うけど、早かったら今日もありえるから!」

と言って仕事に送り出しました。

 

お昼くらいに生理痛のような痛みがあったものの、まだだろうな〜、とりあえず体力温存しようとお昼寝。夕食を取ったくらいに痛みが強くなるものの、陣痛間隔はまばらでまだ我慢はできるから本陣痛ではないだろうとテレビを見ながら横になっていました。夫からは、

「飲みに行ってくる!」

 と連絡が!「行ってもいいけど飲まないで!」と連絡し、鈍い痛みを感じながら横になっていました。

 

20時30分くらいに痛みが我慢できなくなり、帰されてもいい!と思いながら病院に連絡すると、入院準備をしてきてくださいとのこと。

 夫を呼び戻し、21時頃に病院に着いて助産師さんが確認すると、なんと子宮口は9センチも開いていました!

「破水もしてるね〜。分娩室行こうか〜」

 と言われ、分娩室に移動。お産の進みが早すぎて、看護師さんもバタバタ(汗)

結局、病院に着いて3時間弱で産まれてきてくれました!

 

母子手帳に書かれた分娩時間は7時間。病院の他の助産師さんや看護師さんからは、

「超安産!」

とびっくりされ、次はいきまずにするっと産まれるかもと笑われました。妊娠中はこのお腹がなくなれば楽になるはず!と思っていましたが、育児の方がハードでした…!

 

でも、じっと見つめて微笑み返してくれる我が子はとっても可愛いです!

著者:ミユキ

31歳1児のママ

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。