妊娠・出産・育児の情報サイト


悲惨!おむつかぶれ!

f:id:akasuguedi:20160601094618p:plain

娘は体質的に便がよく出る子でした。

お乳を飲めば飲むだけ、基本的には1時間~2時間に1回は便をちょこちょこ出す感じでした。

私の産院はおしりふきではなく水で濡らしたコットンを使っていて、退院してからもコットンとおしりふきを並用していました。

綺麗にしなきゃと思って、私も生まれたてのデリケートなおしりを強く拭きすぎたのかもしれません...。2週間たった頃お尻に赤いプツプツが出始めました。

 

これはオムツかぶれかもしれないと思い、次の日にちょうど検診もあったので診てもらい、朝晩2回塗るステロイド入のお薬をもらいました。しかしうんちの回数が多いので、薬が塗っても効果がなかった為、日々悪化しただれてしまいました。

 

次は小児科へいきオムツかぶれに合うクリームを貰い、拭くのをやめて座浴してくださいと言われたので、ドレッシング入れにぬるま湯を入れうんちの度にオムツの上で洗い流しタオルで拭いていました。

それでも良くならず、小児科でまた薬を変えてもらいましたが、日々悪化するおしり。

小児科も産科も打つ手がない感じでしたので、皮膚科にかようことにしました。

 

さすが皮膚科は肌のことに詳しく、症状やうんちの回数なども考慮し朝晩だけのステロイドに加え、オムツ替えの度に何度も塗れる傷跡をバリアする薬を出していただきました。傷が深かったので完治までは1ヶ月かかりましたが、ツルツルのおしりに戻りました。

 

離乳食がはじまりうんちの回数が減ったこと、おしりの皮も強くなったこと、全てにおいて良かったのかもしれません。

壮絶な5ヶ月の戦いでした。

著者:そま

保育士してましたが自分の子となるとどうにもこうにもできない心配性の母です笑

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。